ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 動作環境
  6. V9.4 Linux版 対応Java Platform, Standard Edition
ここから本文です。

WebOTX Application Server V9.4 Linux版
対応Java Platform, Standard Edition

WebOTXシステムは、実行時にJava™ Platform, Standard EditionのSDKを必要とします。サポートするSDKバージョンは次のとおりです。

  • Java SE Development Kit 7, Update 80 以降
  • Java SE Development Kit 8, Update 66 以降

適用するJava SEのSDKのメンテナンス・バージョンは、最新版を推奨します。なお、各SDKのバージョンには、次の注意・制限事項がありますのでご注意ください。

  1. 米国Oracle Corporation社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Java SE 7/8 が正式対応しているRed Hat Enterprise Linux 5は、5.5以降です。
  3. WebOTX製品は、Linuxに対応したOracle社製のJava SDKをバンドルしていますが、Java SDK自体の保守は行っていませんので、ご了承ください。

下の表は、WebOTX AS の動作対象となる Java SE の SDK のバージョンを示しています。

bit CPU OS Java SE 7
Java SE 8 備考
64 x64 Red Hat Enterprise Linux 5 (x86-64)
Red Hat Enterprise Linux AP 5 (x86-64)
Red Hat Enterprise Linux 6 Server (x86-64) ※6.1以降
Red Hat Enterprise Linux 7 Server (x86-64) ※7.1以降
Oracle Linux 6 (x86-64) ※6.6
CentOS 6.4 (x86-64)
Ubuntu 12.04 LTS (x86-64)

(*1)

(*1)
 

(*1)正式対応はRed Hat Enterprise Linux 5.5以降


ページの先頭へ戻る