ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 動作環境
  6. V8.5 Linux版 対応Java Platform, Standard Edition
ここから本文です。

WebOTX Application Server V8.5 Linux版 対応Java Platform, Standard Edition

WebOTXシステムは、実行時にJava™ Platform, Standard EditionのSDKを必要とします。サポートするSDKバージョンは次のとおりです。

  • Java SE Development Kit 6
  • Java Development Kit 5.0

適用するJ2SE SDKのメンテナンス・バージョンは、最新版を推奨します。なお、各SDKのバージョンには、次の注意・制限事項がありますのでご注意ください。

  1. Linux x64とIntel 64の組み合わせで正式に対応したSDKは、5.0 Update 2からです。
  2. Red Hat Enterprise Linux 5.0を正式に対応したSDKは、5.0 Update 16からです。
  3. Red Hat Enterprise Linux 5.3を正式に対応したSDKは、5.0 Update 21からです。
  4. Java SE 6においてRed Hat Enterprise Linux 5を正式に対応したSDKは、6 Update 04からです。
  5. Java SE 6においてRed Hat Enterprise Linux 5.3を正式に対応したのは、6 Update 18からです。
  6. Java SE 6においてRed Hat Enterprise Linux 5.5/5.4を正式に対応したのは、6 Update 21からです。
  7. Java SE 6においてRed Hat Enterprise Linux 5.6を正式に対応したのは、6 Update 25からです。
  8. Java SE 6においてRed Hat Enterprise Linux 6を正式に対応したのは、6 Update 30からです。
  9. IPv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12 以降をサポートします。

WebOTX製品は、Linuxに対応したOracle社製のJava SDKをバンドルしていますが、Java SDK自体の保守は行っていませんので、ご了承ください。


ページの先頭へ戻る