ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 動作環境
  6. V8.5 Linux版 対応データベース(Java)
ここから本文です。

WebOTX Application Server V8.5 Linux版 対応データベース(Java)

WebOTX ASは、JDBC 2.0からJDBC4.0の仕様に準拠しているJDBCドライバを介して任意のDBMSへの接続をサポートするように設計されています。アプリケーションが独自の方式でデータベース・サーバに接続したり、WebOTX ASが提供するJDBCデータソースによる接続をしたり、あるいは、WebOTXのTransactionサービス機能と連携したJTAトランザクションを使用する場合には、データベース・サーバ製品にバンドルされるJDBCドライバを入手して、セットアップしなければなりません。WebOTX ASでは以下のJDBCドライバについて動作確認を行っております。

  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)
  • Oracle Database 11g Release 1 (11.1.0)
  • Oracle Database 11g Release 2 (11.2.0)
  • DB2 Universal Database 8.1.4
  • DB2 V9.1
  • DB2 V9.7
  • Microsoft SQL Server 2000
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Microsoft SQL Server 2008
  • Microsoft SQL Server 2012
  • Sybase Adaptive Server Enterprise 12.5
  • DataDirect Connect for JDBC 3.3以降によるOracle接続
  • SequeLink for JDBC 5.0によるOracle接続
  • PostgreSQL 7.3.2
    (JDBCドライバ 7.3 Build 113) ~ 9.0.8 (JDBCドライバ 9.0 Build 802)
  • Cloudscape 3.0.3
    (J2EE 1.3.1 SDKにバンドルされるもの)
  • Apache Derby 10.2.2 ~ 10.5.3
  • InfoFrame Relational Store V1.1
  1. WebOTX ASは、Java EE 5仕様互換性テスト・パッケージ(Java EE CTS)を「Connect for JDBC 3.5」と「Oracle 10g」の組み合わせでパスしています。
    その他の製品についても、例えば MySQL Connector/J 5.0など、JDBC 2.0からJDBC4.0の仕様に準拠しているJDBCドライバであれば、WebOTX ASと連携して使用することができます。ただし、十分な評価を行ってください。
  2. PostgreSQLを使用して2フェーズコミットを行う場合には、バージョン8.1以降のPostgreSQLと、バージョン8.1-404以降のJDBCドライバを使用してください。
  3. Oracle Real Application Cluster(RAC)とX/Open XAの機能を利用して2フェーズコミットを行うためには、必ず次のパッチを適用してください。パッチの詳細についてはOracle社の情報をご参照ください。
    • PSR 9.2.0.7
    • PSR 10.1.0.3

  4. Linux(x64)プラットフォームのみサポートします。対応するオペレーティング・システムは Red Hat Enterprise Linux 5.5 以降です。対応するJDKはJava SE 6です。WebOTX Standard Edition もしくは Enterprise Edition のインストール時に、InfoFrame Relational Store用のJDBCドライバを選択してインストールすることができます。

ページの先頭へ戻る