ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 動作環境
  6. V8.4 Windows版 対応Java Platform, Standard Edition
ここから本文です。

WebOTX Application Server V8.4 Windows版 対応Java Platform, Standard Edition

WebOTXシステムは、実行時にJava™ Platform, Standard EditionのSDKを必要とします。サポートするSDKバージョンは次のとおりです。

  • J2SE 5.0
  • Java SE 6
  • Java SE 7
  1. Windows 64ビットOS(x64)上では、64ビット版のJavaを利用する必要があります。
  2. Oracle Corporation社が提供するSDKのみをサポートします。
  3. IPv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。
  4. WebOTX製品は、Oracle Corporation社製のJava SDKをバンドルしていますが、Java SDK自身の保守は行っていませんので、ご了承ください。

J2SE 5.0 利用時の注意事項

  1. Windows x64とIntel 64の組み合わせで正式に対応したSDKは、5.0 Update 4からです。
  2. WebOTX AdministratorやClientをWindows Vistaで利用する場合は、SDK 5.0 Update 14 以降を対象とします。WebOTXでは、5.0 Update 13以前を動作対象外とします。
  3. Windows Server 2008で利用する場合は、SDK 5.0 Update 19 以降を対象とします。
  4. Windows Server 2008 SP2とR2、Windows Vista SP2、Windows 7で利用する場合は、SDK 5.0 Update 21 以降を対象とします。
  5. Windows 32ビット用のJ2SE 5.0 Update 11インストーラは、レジストリに正しくJDKのインストールパスを登録しない問題があります。
    (詳細はこちら)

Java SE 6 利用時の注意事項

  1. Windows Server 2008、Windows 7で利用する場合は、6 Update 16 以降を対象とします。

Java SE 7用時の注意事項

  1. 7 Update 21 以降を対象とします。
  2. Windows 64ビット版かつWebOTX Media (x64) V8.5のCD/DVD-ROM媒体のRevision 8.52からインストール時のみサポートします。
  3. WebOTX Developer、WebOTX Clusterは、Java SE 7 をサポートしません。

ページの先頭へ戻る