ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 動作環境
  6. V8.4 Linux版 対応Webブラウザ・プラグイン/Webサーバ
ここから本文です。

WebOTX Application Server V8.4 Linux版 対応Webブラウザ・プラグイン/Webサーバ

Webブラウザ・プラグイン
WebOTX実行環境を管理するためにブラウザベースの管理ツールとして、Web版統合運用管理コンソールを提供しています。Web版統合運用管理コンソール(Ajax)を使用するには、Internet Explorer 6/7/8/9(*1)またはFireFox 3.0-3.6が必要です。

また、複数ドメインの管理のために、従来提供していたAdobe Flash を使用したWeb版統合運用管理コンソールも提供しています。動作条件としてAdobe Flash Playerプラグインが必要です。Web版統合運用管理コンソール(Flash)では、Flash Player 7 以上を必要とし、Adobe Flash Player 10 を推奨します。
運用管理コンソールで統計情報のグラフを表示するためには、WebブラウザにWebOTX Application ServerでサポートしているJ2SEと同バージョンのJREが必要です。

  1. Internet Explorer 9はWebOTX Media V8.5からインストールした場合のみサポートします。
Webサーバ
  • WebOTX Webサーバ (*1)
  • Apache HTTP Server 2.0.64/2.2.17以降
  • Oracle iPlanet Web Server 6.1/7.0 (*2)
  1. WebOTX Webサーバは、以下のバージョンがバンドルされています。
    • WebOTX Media V8.4 の場合、Apache HTTP Server 2.0.64/2.2.19 相当
    • WebOTX Media V8.5 の場合、Apache HTTP Server 2.0.64/2.2.22 相当
  2. 動作対象としているOSは、Linux、Solaris です。また、6.1 ではWebサーバ製品がLinux x64 を未サポートのため、WebOTXは Linux x64 では 7.0 のみサポートします。

ページの先頭へ戻る