ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 動作環境
  6. V7.1 Linux版
ここから本文です。

WebOTX Application Server V7.1 Linux版 動作環境

WebOTX Application Server Web Edition

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 Intel x86 最小 192MB以上 推奨 256MB以上
Intel EMT64T 最小 512MB以上 推奨 768MB以上
必要HDD容量 150 MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

<Intel EM64T>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

(※1) SELinux設定を有効化した場合は未サポートです。無効にしてください。
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Linux x64用のJDKは、「5.0_04」以上をサポートします。
  3. Linux用のJDK1.4.2は、「1.4.2_07」以前のバージョンで、アプリケーションを起動できない場合があります。この場合は、「1.4.2_08」以上を使用してください。
  4. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。
Webサーバ
  • Apache HTTP Server 1.3.37/2.0.59以降
  • Sun Java System Web Server 6.1
  • Sun ONE Web Server 6.0 以降

  1. WebOTX Webサーバを利用する場合には、compat-dbパッケージ (Red Hat Linux 7.x 互換用 Berkeley DB データベースライブラリ) が事前にインストールされている必要があります。
データベース
WebOTX Application Serverは、JDBC 2.0 または JDBC3.0の仕様に準拠しているJDBCドライバを介して任意のDBMSへの接続をサポートするように設計されています。アプリケーションが独自の方式でデータベース・サーバに接続したり、WebOTX Application Serverが提供するJDBCデータソースによる接続、あるいは、WebOTXのTransactionサービス機能と連携したJTAトランザクションを使用する場合には、データベース・サーバ製品にバンドルされるJDBCドライバを入手して、セットアップしなければなりません。WebOTXでは以下のJDBCドライバについて動作確認済みです。

  • Oracle8i R8.1.7
  • Oracle9i Database Release 1 (9.0.1)
  • Oracle9i Database Release 2 (9.2.0)
  • Oracle Database 10g Release 1 (10.1.0)
  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)
  • DB2 Universal Database 8.1.4
  • DB2 V9.1
  • Microsoft SQL Server 2000
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Sybase Adaptive Server Enterprise 12.5
  • DataDirect Connect for JDBC バージョン 3.3
  • DataDirect SequeLink for JDBC 5.0
  • Cloudscape バージョン3.0.3 (Sun J2EE 1.3.1 SDKにバンドルされるもの)
  • Apache Derby 10.2.2.0
  • PostgreSQL 7.3.2 (JDBCドライバ 7.3-113) ~ PostgreSQL 8.1.2 (JDBCドライバ 8.1-404)
    (JTA 連携を行う場合はバージョン8.1.0以降)

  1. PostgreSQLを使用して2フェーズコミットを行う場合には、PostgreSQL 8.1と、バージョン8.1-404のJDBCドライバを使用してください。
  2. OracleのReal Application Cluster(RAC)とX/Open XAの機能を利用して2フェーズコミットを行うためには、必ず次のパッチを適用してください。
    • PSR 10.1.0.3
    • PSR 9.2.0.7
    パッチの詳細についてはOracle社の情報をご参照ください。

WebOTX Application Server Standard-J Edition

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 Intel x86 最小 256 MB、推奨 512 MB 以上
Intel EMT64T 最小 640 MB、推奨 1 GB 以上
必要HDD容量 200MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

<Intel EM64T>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

(※1) SELinux設定を有効化した場合は未サポートです。無効にしてください。
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Linux x64用のJDKは、「5.0_04」以上をサポートします。
  3. Linux用のJDK1.4.2は、「1.4.2_07」以前のバージョンで、アプリケーションを起動できない場合があります。この場合は、「1.4.2_08」以上を使用してください。
  4. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。
Webブラウザ・プラグイン
Web版統合運用管理コンソールの動作条件としてAdobe Flash Playerプラグインが必要です。また、運用管理コンソールで統計情報のグラフを表示するためには、WebブラウザにWebOTX Application ServerでサポートしているJ2SEと同バージョンのJREが必要です。

Webサーバ
  • Apache HTTP Server 1.3.37/2.0.59以降
  • Sun Java System Web Server 6.1
  • Sun ONE Web Server 6.0 以降

  1. WebOTX Webサーバを利用する場合には、compat-dbパッケージ (Red Hat Linux 7.x 互換用 Berkeley DB データベースライブラリ) が事前にインストールされている必要があります。
データベース
WebOTX ASは、JDBC 2.0 または JDBC 3.0の仕様に準拠しているJDBCドライバを介して任意のDBMSへの接続をサポートするように設計されています。アプリケーションが独自の方式でデータベース・サーバに接続したり、WebOTX ASが提供するJDBCデータソースによる接続、あるいは、WebOTXのTransactionサービス機能と連携したJTAトランザクションを使用する場合には、データベース・サーバ製品にバンドルされるJDBCドライバを入手して、セットアップしなければなりません。WebOTXでは以下のJDBCドライバについて動作確認済みです。

  • Oracle8i R8.1.7
  • Oracle9i Database Release 1 (9.0.1)
  • Oracle9i Database Release 2 (9.2.0)
  • Oracle Database 10g Release 1 (10.1.0)
  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)
  • DB2 Universal Database 8.1.4
  • DB2 V9.1
  • Microsoft SQL Server 2000
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Sybase Adaptive Server Enterprise 12.5
  • DataDirect Connect for JDBC バージョン 3.3
  • DataDirect SequeLink for JDBC 5.0
  • Cloudscape バージョン3.0.3 (Sun J2EE 1.3.1 SDKにバンドルされるもの)
  • Apache Derby 10.2.2.0
  • PostgreSQL 7.3.2 (JDBCドライバ 7.3-113) ~ PostgreSQL 8.1.2 (JDBCドライバ 8.1-404)
    (JTA 連携を行う場合はバージョン8.1.0以降)

  1. PostgreSQLを使用して2フェーズコミットを行う場合には、PostgreSQL 8.1と、バージョン8.1-404のJDBCドライバを使用してください。
  2. OracleのReal Application Cluster(RAC)とX/Open XAの機能を利用して2フェーズコミットを行うためには、必ず次のパッチを適用してください。
    • PSR 10.1.0.3
    • PSR 9.2.0.7
    パッチの詳細についてはOracle社の情報をご参照ください。

WebOTX Application Server Standard Edition / for Standby System

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 Intel x86 最小 640 MB、推奨 1 GB 以上
Intel EMT64T 最小 1 GB、推奨 1.5 GB 以上
必要HDD容量 300MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

<Intel EM64T>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

(※1) SELinux設定を有効化した場合は未サポートです。無効にしてください。
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Linux x64用のJDKは、「5.0_04」以上をサポートします。
  3. Linux用のJDK1.4.2は、「1.4.2_07」以前のバージョンで、アプリケーションを起動できない場合があります。この場合は、「1.4.2_08」以上を使用してください。
  4. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。
Webブラウザ・プラグイン
Web版統合運用管理コンソールの動作条件としてAdobe Flash Playerプラグインが必要です。また、運用管理コンソールで統計情報のグラフを表示するためには、WebブラウザにWebOTX Application ServerでサポートしているJ2SEと同バージョンのJREが必要です。

Webサーバ
  • Apache HTTP Server 1.3.37/2.0.59以降
  • Sun Java System Web Server 6.1
  • Sun ONE Web Server 6.0 以降

  1. WebOTX Webサーバを利用する場合には、compat-dbパッケージ (Red Hat Linux 7.x 互換用 Berkeley DB データベースライブラリ) が事前にインストールされている必要があります。
データベース
<Java>
WebOTX Application Serverは、JDBC 2.0 または JDBC 3.0の仕様に準拠しているJDBCドライバを介して任意のDBMSへの接続をサポートするように設計されています。アプリケーションが独自の方式でデータベース・サーバに接続したり、WebOTX Application Serverが提供するJDBCデータソースによる接続、あるいは、WebOTXのTransactionサービス機能と連携したJTAトランザクションを使用する場合には、データベース・サーバ製品にバンドルされるJDBCドライバを入手して、セットアップしなければなりません。WebOTXでは以下のJDBCドライバについて動作確認済みです。

  • Oracle8i R8.1.7
  • Oracle9i Database Release 1 (9.0.1)
  • Oracle9i Database Release 2 (9.2.0)
  • Oracle Database 10g Release 1 (10.1.0)
  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)
  • DB2 Universal Database 8.1.4
  • DB2 V9.1
  • Microsoft SQL Server 2000
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Sybase Adaptive Server Enterprise 12.5
  • DataDirect Connect for JDBC バージョン 3.3
  • DataDirect SequeLink for JDBC 5.0
  • Cloudscape バージョン3.0.3 (Sun J2EE 1.3.1 SDKにバンドルされるもの)
  • Apache Derby 10.2.2.0
  • PostgreSQL 7.3.2 (JDBCドライバ 7.3-113) ~ PostgreSQL 8.1.2 (JDBCドライバ 8.1-404)
    (JTA 連携を行う場合はバージョン8.1.0以降)

  1. PostgreSQLを使用して2フェーズコミットを行う場合には、PostgreSQL 8.1と、バージョン8.1-404のJDBCドライバを使用してください。
  2. OracleのReal Application Cluster(RAC)とX/Open XAの機能を利用して2フェーズコミットを行うためには、必ず次のパッチを適用してください。
    • PSR 10.1.0.3
    • PSR 9.2.0.7
    パッチの詳細についてはOracle社の情報をご参照ください。
<C++>
Transaction Service利用の場合の対応データベース、およびメッセージングミドルウェアは次のとおりです。

intel x86
  • Oracle9i Database Release 1 (9.0.1)
  • Oracle9i Database Release 2 (9.2.0)
  • Oracle Database 10g Release 1 (10.1.0)
  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)

Intel EM64T
  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)

  1. TPモニタが提供するデータベース自動接続機能を使ってCORBA C++モジュールを構築する場合は、Oracleデータベースのみをサポートし、Oracle8i R8.1.7 以降が利用可能です。
  2. OracleのReal Application Cluster(RAC)とX/Open XAの機能を利用して2フェーズコミットを行うためには、必ず次のパッチを適用してください。
    • PSR 10.1.0.3
    • PSR 9.2.0.7
    パッチの詳細についてはOracle社の情報をご参照ください。

WebOTX Application Server Enterprise Edition / for Standby System

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 Intel x86 最小 1GB、推奨 1.5GB以上
Intel EM64T 最小 1.5 GB、推奨 2 GB 以上
必要HDD容量 400MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

<Intel EM64T>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

(※1) SELinux設定を有効化した場合は未サポートです。無効にしてください。
その他 Standard Editionと同様

WebOTX SIP Application Server Standard Edition

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 最小 256MB 推奨 512MB以上
必要HDD容量 200MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0

(※1) SELinux設定を有効化した場合は未サポートです。無効にしてください。
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0

  1. WebOTX製品は、Linuxに対応したサン・マイクロシステムズ社製のJava SDKをバンドルしていますが、Java SDK自体の保守は行っていませんので、ご了承ください。
Webブラウザ・プラグイン
Web版統合運用管理コンソールの動作条件としてAdobe Flash Playerプラグインが必要です。また、運用管理コンソールで統計情報のグラフを表示するためには、WebブラウザにWebOTX Application ServerでサポートしているJ2SEと同バージョンのJREが必要です。

Webサーバ
  • Apache HTTP Server 1.3.37/2.0.59以降
  • Sun Java System Web Server 6.1
  • Sun ONE Web Server 6.0 以降

  1. WebOTX Webサーバを利用する場合には、compat-dbパッケージ (Red Hat Linux 7.x 互換用 Berkeley DB データベースライブラリ) が事前にインストールされている必要があります。
データベース
<Java>
WebOTX ASは、JDBC 2.0 または JDBC 3.0の仕様に準拠しているJDBCドライバを介して任意のDBMSへの接続をサポートするように設計されています。アプリケーションが独自の方式でデータベース・サーバに接続したり、WebOTX ASが提供するJDBCデータソースによる接続、あるいは、WebOTXのTransactionサービス機能と連携したJTAトランザクションを使用する場合には、データベース・サーバ製品にバンドルされるJDBCドライバを入手して、セットアップしなければなりません。WebOTXでは以下のJDBCドライバについて動作確認済みです。

  • Oracle8i R8.1.7
  • Oracle9i Database Release 1 (9.0.1)
  • Oracle9i Database Release 2 (9.2.0)
  • Oracle Database 10g Release 1 (10.1.0)
  • Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0)
  • DB2 Universal Database 8.1.4
  • DB2 V9.1
  • Microsoft SQL Server 2000
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Sybase Adaptive Server Enterprise 12.5
  • DataDirect Connect for JDBC バージョン 3.3
  • DataDirect SequeLink for JDBC 5.0
  • Cloudscape バージョン3.0.3 (Sun J2EE 1.3.1 SDKにバンドルされるもの)
  • Apache Derby 10.2.2.0
  • PostgreSQL 7.3.2 (JDBCドライバ 7.3-113) ~ PostgreSQL 8.1.2 (JDBCドライバ 8.1-404)
    (JTA 連携を行う場合はバージョン8.1.0以降)

  1. PostgreSQLを使用して2フェーズコミットを行う場合には、PostgreSQL 8.1と、バージョン8.1-404のJDBCドライバを使用してください。
  2. OracleのReal Application Cluster(RAC)とX/Open XAの機能を利用して2フェーズコミットを行うためには、必ず次のパッチを適用してください。
    • PSR 10.1.0.3
    • PSR 9.2.0.7
    パッチの詳細についてはOracle社の情報をご参照ください。

WebOTX Developer

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 最小 128MB
推奨 256MB以上
必要HDD容量 120MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

<Intel EM64T>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
WebOTXシステム実行時に次に示すいずれかのJ2SEのSDKが必要です。

  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Linux x64用のJDKは、「5.0_04」以上をサポートします。
  3. Linux用のJDK1.4.2は、「1.4.2_07」以前のバージョンで、アプリケーションを起動できない場合があります。この場合は、「1.4.2_08」以上を使用してください。
  4. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。
C++開発環境
  • Linux x86
    C++コンパイラとして、gcc 3.2が必要
  • Linux EM64T
    C++コンパイラとして、gcc 3.4が必要

WebOTX Administrator

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 最小 48MB
推奨 64MB以上
必要HDD容量 90MB以上
ソフトウェア OS RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。

WebOTX Download Server

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
必要メモリ容量 128MB以上
必要HDD容量 70MB以上
ソフトウェア OS RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 使用可能なWebサーバについては、Web Editionと同様

WebOTX WebAP JSP

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
メモリ容量 512MB以上
必要HDD容量 2MB以上
ソフトウェア OS RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0

  1. JREのみは不可、JRun付属のJDKは不可
Webサーバ
  • WebOTX Webサーバ1.3/2.0

Servletコンテナ
  • WebOTX Webコンテナ5.0

Webブラウザ
推奨
  • Netscape 6以上
  • Internet Explorer 5.0以上

MFDL移行したWebアプリケーションでは、使用可能なWebブラウザは以下のとおりです。

  • Internet Explorer 5.0
  • Internet Explorer 5.5
  • Internet Explorer 6
  • Internet Explorer 7
  • Netscape Communicator 4.5
  • Netscape Communicator 4.7
  • Netscape 6
  • Netscape 7

MFDL移行したWebアプリケーションの場合、Netscapeでは一部使用できない機能があるので、Internet Explorerの使用を推奨します。

その他
  • Object Broker実行環境 9.x

WebOTX Object Broker C++

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
必要メモリ容量 256MB以上
必要HDD容量 50MB以上
ソフトウェア OS RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他

WebOTX Object Broker Java

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
必要メモリ容量 256MB以上
必要HDD容量 150MB以上
ソフトウェア OS RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。

WebOTX Cluster

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
必要メモリ容量 512MB以上
必要HDD容量 128MB以上
ソフトウェア OS RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。

WebOTX UDDI Registry

ハードウェア 本体 Linuxの動作を保証するマシン
必要メモリ容量 370MB以上
必要HDD容量 250MB以上
ソフトウェア OS <intel x86>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0

<Intel EM64T>
RedHat Enterprise Linux AS 4.0
RedHat Enterprise Linux ES 4.0
MIRACLE LINUX V4.0
その他 Java 2 SDK, Standard Edition (J2SE)
  • J2SE 1.4.2
  • J2SE 5.0
  • Java SE 6

  1. Sun Microsystems社が提供するSDKのみをサポートします。
  2. Ipv6ネットワーク環境では、SDK 5.0_12以降をサポートします。SDK1.4.2は動作環境の対象外とします。
Webサーバ
  • Apache HTTP Server 1.3.37/2.0.59以降
  • Sun Java System Web Server 6.1
  • Sun ONE Web Server 6.0 以降

  1. WebOTX Webサーバを利用する場合には、compat-dbパッケージ (Red Hat Linux 7.x 互換用 Berkeley DB データベースライブラリ) が事前にインストールされている必要があります。
データベース
  • Oracle 8.1.6 以降
  • PostgreSQL 7.3.2以降

ページの先頭へ戻る