ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 製品体系/価格
  6. 3つの製品モデル
  7. 4つのEdition(V8.1以前)
ここから本文です。

WebOTX Application Server - 4つのEdition(V8.1以前)

WebOTX Application Server V8.1までは、システム形態、規模に対応して4のEditionを用意しています。それぞれの位置付けは次のようになっています。

各Editionの位置付け

まずはWeb Editionを使用したWebシステムを構築し、機能や規模の拡大に応じてさらに上位のEditionにステップアップすることを考慮した構成となっています。それぞれの機能については各Editionの機能一覧を参照してください。

WebOTX Application Server Web Edition

Web Editionの定義

Webシステムに業務アプリケーションをJava Servlet/Java Server Pages (JSP)として追加する小規模システム向けの構成のWebOTXです。

Java Servlet/JSPを動作させるためのWebコンテナの他に、Webサーバ、JNDIサービス、データソース、XMLパーサなどの機能を提供します。『WebOTX Web Editionだけで、本格的なWebベースのシステムを構築することができます。

Web Editionの構成

WebOTX Application Server Standard-J Edition

Standard-J Editionの定義

Java 2 platform Enterprise Edition(J2EE)に準拠したJava標準構成のWebOTXです。Web Editionの提供機能を含んでいます。EJBが利用でき、再利用可能なコンポーネントをベースとしたシステムの構築が可能になります。

Standard-J Editionの構成

WebOTX Application Server Standard Edition

Standard Editionの定義

J2EEアプリケーションだけでなく、C++言語やCOBOL言語のアプリケーションを動作させるなど、CORBAの特徴を生かしたシステムを構成できる標準構成のWebOTXです。

Standard-J Editionの提供機能を含んでいます。また、Standard Editionには、高信頼な業務システムに欠かすことのできないOLTP機能が搭載されています。

Standard Editionの構成

WebOTX Application Server Enterprise Edition

Enterprise Editionの定義

全社レベルの基幹業務システムを構築できる高信頼、大規模システムに対応した構成のWebOTXです。

Standard Editionの提供機能を含んでいます。Enterprise Editionには、クラスタ環境が搭載されています。

Enterprise Editionの構成


ページの先頭へ戻る