ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 製品体系/価格
  6. ダウングレードサービス
ここから本文です。

WebOTX Application Server - ダウングレードサービス

概要

最新バージョンのライセンス製品を購入することで、旧バージョンのライセンスを得ることができるサービスです。クラウドシステムに最適でシンプルなV9ライセンス体系を旧バージョンにも適用することが可能になります。

活用メリット

最新のライセンス体系が旧バージョンに適用されることで以下のようなメリットがあります。

  • クラウドシステムに最適でシンプルな総CPUコア数に応じたライセンスカウント方式
  • 最大約67%のコスト削減(物理サーバに1CPU2コア搭載している場合)
  • 通常の80%の価格で購入できるボリュームライセンスが適用可能
  • 待機系や災害対策環境のライセンス製品の購入が不要

サービス提供開始時期

2014年4月1日 開始

対象製品

WebOTX Application Server、および、オプションのライセンス製品

(WebOTX ESB、Portal、Batch Serverについては従来どおり販売)

 

WebOTX Media(製品媒体)はダウングレード対象製品ではありません。

旧バージョンのWebOTX Mediaについては別途購入する必要があります。

ダウングレード対象バージョン

OS毎にダウングレード対象製品やバージョンが異なります。詳細については「ダウングレード対象製品一覧」を確認してください。

注意事項

  • ダウングレードサービスの提供に伴い、旧バージョンのライセンス製品は受注停止となりました。
  • 最新バージョンのライセンスとダウングレードサービスで得た旧バージョンのライセンスを同時に行使することはできません。

ダウングレードサービスご利用手順

ダウングレードサービスを利用して、旧バージョンのライセンスを入手するまでの手順をご紹介します。

  1. 製品のお見積もり
    1-1. 購入・保守契約締結するライセンス数(最新バージョン)
    1-2. ダウングレード申請時のライセンス数(ご利用のバージョン)
    「ダウングレードサービス相談窓口」をご利用ください。※1※2
  2. 最新バージョンの製品の購入
  3. 以下の3-1、3-2いずれかの方法でPP・サポートサービスの契約※3
    3-1. 契約書により締結
    3-2. NEC サポートポータルより登録※4
  4. NEC サポートポータルより、ダウングレード申請※1※2※5

※1 製品のお見積もり時の価格、サポートポリシー、および、ライセンスポリシーは購入する最新バージョンのものに準じます。したがって、見積りは最新バージョンにてお願いします。ただし、製品機能や制限事項については旧バージョンのものが適用されます。

※2 ご購入時に必要なライセンス数は、最新バージョンのライセンス体系に準じます。また、ダウングレード時に必要なライセンス数は、ダウングレード先のライセンス体系に準じます。それぞれのライセンス数の算出方法は「ライセンス数の見積もり方法」をご参照ください。

※3 ダウングレードサービスの利用にはPP・サポートサービス契約が必要です。PP・サポートサービスの契約方法、詳細は、「サポートサービスの契約方法 」をご参照ください。

※4 PP・サポートサービスのご契約方法が、サポートパックタイプ、サポートバンドルタイプの場合、NECサポートポータルよりPP・サポートサービスの登録が可能です。速やかにダウングレードサービスを活用していただくために、こちらを推奨します。

※5 ダウングレードサービスのご利用には、保守契約が必須となります。

申請方法

PP・サポートポータルのバージョンアップ申請ページよりダウングレードサービスの申請を行ってください。

申請手順については以下のページを参照してください。
ダウングレードサービス申請手順

相談窓口

ダウングレードサービスの提供開始に伴い専用の相談窓口を開設しました。価格や見積もりなどご不明な点がありましたらお気軽にお問合せください。

「ダウングレードサービス相談窓口」

downgrade-webotx@isd.jp.nec.com

 

お見積りの際は、HW/SW構成図、仮想マシン構成図の資料も添付いただけますと、スムーズにご案内することができます。


ページの先頭へ戻る