Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

WebOTX開発者インタビュー

更新履歴一覧

多彩な製品ラインナップでお客様の最新ニーズに応えるWebOTX

多彩な製品ラインナップでお客様の最新ニーズに応えるWebOTX

WebOTX は、お客様から頂くご意見を基に、お客様が本当に満足していただける製品を提供することを第一に考えつつ、クラウドやビッグデータなど日々変化するビジネスシーンの最新ニーズを取り込み、常に進化を遂げています。
ここでは計4回に渡って、最新ニーズに対しWebOTX各種製品がご提供する価値ある機能について、実際に担当した開発者へのインタビューを通してご紹介いたします。

WebOTX開発者インタビュー「ビッグデータ環境における高い信頼性・運用性を実現」

近年、ビッグデータ時代到来により、企業で扱うデータ量は従来システムの想定を超えた膨大なものとなりつつあります。このようなビッグデータ時代のニーズに対応するため、WebOTXでは次世代のデータベースとして注目されるスケールアウト型データベース「InfoFrame Relational Store」との連携を強化いたしました。
これにより、クラウドのような大規模で流動的な環境においても、業務を停止することなく需要に合わせた柔軟なスケールアウトを実現することが可能です。

WebOTX AS V8.5 の InfoFrame Relational Store 連携機能資料

WebOTX開発者インタビュー「マルチテナント環境の構築・運用を容易に実現」

クラウドのビジネス分野への浸透により、複数のサービスを組み合わせ、お客様へ提供する必要性が高まっています。
WebOTX Portal最新版 V8.4では、利用されるお客様のニーズに合わせたポータル画面をテナントごとに構築できる“マルチテナント”環境を、短期間・低コストで構築することができます。
また、管理権限の設定により、別テナントへの情報流出等のセキュリティリスクを軽減、セキュアな環境で業務を行うことができます。

SaaS事業におけるポータル画面提供のポイント

WebOTX開発者インタビュー「大規模バッチを安定的に処理するシステムを実現」

バッチ処理もオンライン処理と同じJavaで構築し、アプリケーションロジックの共通化や開発言語スキルの共通化によって、開発コスト・保守コストを抑えたいというニーズが高まる中、大規模なバッチアプリケーションを抱えるお客様は性能や信頼性に不安を持たれておりJavaによる構築の足枷になっていました。
WebOTX BS は、このようなお客様の不安を払拭するために、製品化しました。
また、ここ数年クラウド環境での利用されることが増えてきており、大量データ、大量ジョブの実行に耐える信頼性や、静止点を設けることが難しいことから連続稼働システムにおける運用性に関する機能強化が求められていました。

Javaによるバッチ処理システム構築時の課題と解決方法

WebOTX開発者インタビュー「社内システムとパブリッククラウドサービスの統合を容易に実現

素早く、シンプルに、社内システムとSalesforceをつなぐ堅牢な統合アプリケーションを構築できます。
ERP(SAP)やメインフレーム上の基幹業務、データベースに格納されている各種データとクラウド上の情報をリアルタイムに連携することで、企業が持つ全てのIT資産を有効活用するハイブリッドクラウドを容易に実現できます。

Salesforceとのリアルタイムなデータ連携をコーディングレスで実現

このような点が評価されています

問い合わせへの対応

CSCインタビュー

WebOTX では昨年度からCSC (カスタマーサポートセンター)に問い合わせ専門の部門を設立し、お客様に迅速かつ高品質なサポートをご提供できるよう改善に取り組んできました。その結果、問い合わせに対する『TAT(Turn AroundTime)』の大幅短縮を実現し、お客様の高評価に繋がりました。
ここでは、CSCメンバのインタビューを交え、問い合わせ品質向上のために行った取り組み内容について、ご紹介いたします。

サポート力をさらなる高い次元へ

運用管理の容易さ

運用管理の容易さ

運用管理の改善・強化はWebOTXが最も注力してきたポイントの1つです。
各種運用管理ツール群の操作性向上から運用管理基盤製品との連携まで、幅広く運用性の向上に努めてまいりました。
特に、クラウドコンピューティング・仮想化環境においては、運用プロセスの自動化や設定およびAPリソースの移行など、実際の運用を想定した強化を行っております。

ドメイン情報登録プロセスの無人化

設定およびAPリソースのインポート

導入や初期設定の容易さ

導入や初期設定の容易さ

WebOTXでは、導入ガイドやバージョンアップ移行ガイド、他製品からの移行ガイドなどドキュメント類の整備に加え、各種ガイド類の製品マニュアルへの統合や用語集の整備、HTML形式でのマニュアル一般公開などを積極的に行ってまいりました。
さらに運用管理ツール群においても、操作性向上などの成果を認めていただいています。

WebOTXの導入ガイドや移行ガイドを確認

WebOTX マニュアル

WebOTXについてさらに詳しくお知りになりたい方

ご紹介資料、製品マニュアル、お試し版などをぜひご覧ください。


詳しいご説明に伺うことも可能です。弊社担当営業にお申し付けいただくか、
または下記からご依頼ください。


WebOTX