ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 特長/機能
  6. 機能一覧
  7. 帳票印刷機能
ここから本文です。

WebOTX Application Server - 帳票印刷機能

「機能一覧」へ戻る

一般的な物流システムや、資材管理システム、受発注システム等では、必ずといっていいほど取り引き内容を印刷して保存したり、領収書を発行するという作業を実施するでしょう。データベースの障害等で、処理した内容が消えてしまうことも少なからず考慮に入れなければならないからです。

Web環境でのシステム構築が本格化する昨今、日本固有の厳密な帳票処理をイントラネットあるいはインターネット環境で本格的に実現できるソリューションは非常に重要です。またオープンシステムのもとで求められる帳票ソリューションでは、ブラウザベースでの厳密な帳票出力だけでなく、他の業務アプリケーション開発と同じく帳票作成アプリケーションの開発にも高い生産性が要求されています。

WebOTX Print Kit(印刷キット)

WebOTX Print Kitが備える機能
WebOTXではそれらの印刷の制御を自動的に行ってくれるような機能を提供しています。WebOTX印刷キットがそれです。

実際は、WebOTXサーバ上で動作しているCORBAサーバアプリケーションが出力した印刷データを、Visual BasicまたはCrystal Reportsで作成した帳票でオーバレイ印刷を行います。また、プリンタ管理ツールであるESMPRO/PrintManagerと連携して動作するプリンタ障害監視機能や再印刷機能も提供します。

下図は、Visual Basicのフォームデザイン画面の操作によって印刷フォームファイルを生成し、それに必要事項をうめて印刷するという方式です。

帳票印刷の流れ帳票印刷の流れ

印刷するデータ自体はVDと呼ばれるキューにためて実施するので、データベース更新などの処理が終わった後などに非同期印刷処理を実施することができます。

ウイングアーク テクノロジーズ製品との連携

WebOTXは、ウイングアーク テクノロジーズ様の帳票ソリューション「Super Visual Formade」と連携することで、

  1. 生産性を重視した豊富な帳票設計機能を活用し、
  2. 帳票出力結果としてインターネット環境下で一般的に利用されているPDFを使用した、
  3. 帳票業務アプリケーションをJava で開発できること

が可能になります。

WebOTXとSuper Visual Formadeとの連携WebOTXとSuper Visual Formadeとの連携

今後のJ2EEによるWebベースの業務システムにおいて、「WebOTX + Super Visual Formade」は、帳票業務アプリケーションを開発する上での有効な帳票ソリューションのひとつとなるでしょう。

ウイングアーク テクノロジーズ様のサイトにてご紹介しています。


ページの先頭へ戻る