ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 特長/機能
  6. 機能一覧
  7. フェイルオーバー機能
ここから本文です。

WebOTX Application Server - フェイルオーバー機能

「機能一覧」へ戻る

AS Enterprise Editionが備える機能WebOTX Clusterが備える機能
WebOTXでは、MC/ServiceGuardやCLUSTERPRO、SunClusterといったフェイルオーバを実現するソフトウェアと連携することによりフェイルオーバ型の構成を構築することが可能です。フェイルオーバによるクラスタ構成では稼動系サーバと待機系サーバを用意し、通常運用で使用するのは稼動系サーバで、稼動系サーバに異常が発生した場合、待機系サーバがその業務を引き継ぐ(フェイルオーバする)構成です。WebOTXで対応しているフェイルオーバ構成は次のものがあります。

シングルスタンバイ

稼動系と待機系で運用を行い、通常は稼動系のサーバでアプリケーションサーバは動作しています。稼動系ノードで障害が発生した場合、フェイルオーバが発生し待機系ノードでサービスが新たに開始され業務運用が引き継がれます。

相互スタンバイ

複数の異なる業務システムをマルチサーバでそれぞれ動作させ、あるサーバで障害が発生した場合、その業務システムは別のサーバにフェイルオーバします。相互スタンバイ型の場合、どのサーバも常に稼動系システムを割り当てることができますが、フェイルオーバ発生時は、1つのサーバに複数の業務システムが動作することになるため、そのサーバの処理能力低下は避けられません。

相互スタンバイ相互スタンバイ

高速スタンバイ

待機系サーバにおいてもあらかじめサービス起動を行った状態(データベースなどバックエンドサーバへの接続も行った状態)で運用します。クライアントからのアクセスは稼動系サーバのみに送られます。

フェイルオーバ発生時にはクライアントからのアクセス先が変更となるだけでサービスを開始する必要がなく、瞬時に待機系への切り替えが行えます。

またフェイルオーバ時に起動するスクリプト上で運用コマンドを利用することによって、フェイルオーバの発生を待機系サーバのアプリケーションに通知することが可能となります。これによりバックエンドサーバがフェイルオーバしたときは、コネクションの再接続を、アプリケーションサーバがフェイルオーバしたときは稼動系サーバからの引継ぎ情報を取得することができます。

この機能はEnteprise EditionWebOTX クラスタ環境にて実装している機能です。

高速スタンバイ高速スタンバイ


ページの先頭へ戻る