ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 特長/機能
  6. 機能一覧
  7. オンライントランザクション管理
  8. 動的アプリケーション変更・無停止更新
ここから本文です。

WebOTX Application Server - オンライントランザクション管理 ~ 動的アプリケーション変更・無停止更新 ~

「オンライントランザクション管理」へ戻る

AS Standard Editionが備える機能AS Enterprise Editionが備える機能

本機能によるメリット
  • 業務バージョンアップ時にシステム全体の停止が不要。
  • 業務のバージョン管理の手間を省ける。

WebOTX Application Serverでは、配備されているCORBAアプリケーションを動的に登録、変更、削除することができます。

WebOTX V5以前でのアプリケーション更新は、旧アプリケーションの停止/削除と新アプリケーションの登録/起動を続けて行う方式だったため、更新中は応答が一瞬遅延する問題がありました。また、新アプリケーションにバグが潜んでおり起動障害などが発生してしまうと、旧アプリケーションに戻す作業が必要となりますが、それまでの間がサービス停止状態となってしまっていました。

これに対しWebOTX V6からは、新旧アプリケーションを一旦同時に稼働させる方式に変更しました。新アプリケーションが正常に機能することを確認した後に旧アプリケーションから処理を引き継ぎ、最後に旧アプリケーションを終了させます。

これにより、一瞬のサービス停止もなく、安全にアプリケーションを更新することができます。

アプリケーション動的置換の流れアプリケーション動的置換の流れ

また、アプリケーションを更新する別の方法として、適切な単位でアプリケーション業務を閉塞し、相手システムからのアクセスを完全にシャットアウトしてから、アプリケーションの切り替えを行うこともできます。この方法なら、どのようなシステム構成や条件でも安全にアプリケーションを更新することができますが、一部のサービスは短時間中断せざるを得なくなります。

業務デプロイメントを利用した業務AP無停止更新

WebOTX 業務拡張オプションである、「WebOTX 業務デプロイメント」を利用することでさらにきめ細かな更新作業が可能です。

支店02だけが新Versionの業務を利用支店02だけが新Versionの業務を利用

「WebOTX 業務デプロイメント」については、「WebOTX業務拡張オプション製品について」のページをご参照ください。


ページの先頭へ戻る