ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

WebOTX Application Server - 開発環境

「機能一覧」へ戻る

WebOTX Developerが備える機能
WebOTXは、アプリケーションを開発するためのツールを数多く提供しており、開発環境の充実を図っています。

紹介資料を公開中。こちらから

統合開発環境「WebOTX Developer's Studio」

WebOTXは、Java の開発環境であるEclipseをベースとした高い生産性と保守性を持つ統合開発環境「WebOTX Developer’s Studio」を提供しています。

NEC で独自に開発したJava EE 対応アプリケーション開発機能(Web アプリケーション、Webサービス、EJB、OLF/TP アダプタ(JCA)、およびSIPサーブレットなど))、SOAアプリケーション開発機能(BPEL、ESB、XMLマッピング)により、開発期間の短縮や生産性の向上や効率的な開発ができます。

この統合開発環境は世間でもっとも利用されておりなじみの深いEclipse をベースとしているため、開発作業への着手がスムーズです。またソース編集機能やCVS による版管理やJUnit によるテストなどの開発ツールとしての標準機能も兼ね備えており、効率のよい開発が行えます。

WebOTX Developer‘s Studio には、「WebOTX Application Server Express」相当のテスト用サーバを同梱しており、WebOTX Developerを購入するだけでアプリケーションの開発・デバッグ・テスト運用ができます。

さらに、WebOTX Developer‘s Studio に、統合運用管理ツールをプラグインして動作させることができます。Eclipse上でアプリケーションの開発を行い、テスト用サーバでそれを動作させ、性能データや動作内容を運用管理ツールで確認するといった一連の手続きをEclipseの画面1つですべて行うことが可能です。

SystemDirector Enterpriseとの関係

SystemDirector Enterprise(SDE)は、NECグループが培ったSIノウハウを結集し、オープン技術を用いたシステム構築における開発方法論、開発基盤、サポートサービスを体系化したものです。WebOTX Developerの機能自体は、SDEに含まれています。

システム構築の際に、実際の要件定義~内部設計をSDEが提供するツール群を利用します。一方WebOTX Developerは、内部設計をもとに実際の製造~テストまでをカバーする「下流開発ツール群+テスト用実行環境」の位置づけです。


ページの先頭へ戻る