ページの先頭です。

サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. アプリケーションサーバ
  5. 特長/機能
  6. 機能一覧
  7. 運用管理
ここから本文です。

WebOTX Application Server - 運用管理

診断サービス

保守サポートにお問い合わせいただいた障害の内訳を調べたところ、結果異常が約60%、システムダウンとスローダウンの合計が約40%となっていました。結果異常の障害に至った要因はユーザアプリケーションの問題や設定ミスによるものが多い一方で、システムダウンやスローダウンの障害は業務への支障が大きく、エンドユーザ様からも重大障害と認識されるケースが多いことも分かりました。

障害の内訳障害の内訳

さらに分析を進めたところ、システムダウンやスローダウンのケースで、情報不足により再現待ちとなる割合は半数を占めていました、そのうち、スレッドダンプ・ヒープダンプが採取されていれば解決するケースは、約70%であることも分かりました。

このような背景のもと、WebOTX V9 では、システムダウンやスローダウンに至る障害の予兆を検出し自律的に回避する機能、及び、それらの障害の原因究明に必要な情報を最適なタイミングで確実に採取する機能を新たに提供しました。これにより、信頼性の高いシステムの実現、また、運用コストの大幅削減が可能となります。

障害の予兆を検出し自律的に回避

WebOTXが今回提供する機能は、障害の予兆が検出された際、リソースの消費を抑制するなどの動作を自律的に行い、被害を最小限に留める機能を運用基盤に搭載しています。これにより、スローダウン、無応答などの重大障害を回避できます。さらに、障害の予兆検出に必要な設定は、数多くのお客様対応などから導き出した実用的なルールが予め設定されています。専門知識を必要とする複雑な設定をする必要はありません。

障害の原因究明に必要な情報の確実な採取

従来、以下のような理由から障害の原因究明に必要な情報が採取できておらず、再現待ちや解決困難となるケースがありました。

  • 情報採取に必要な設定がされていなかった
  • プロセスがダウンして採取できなかった
  • アプリケーションサーバが無応答状態となり、必要な情報や取得方法を確認する前に、復旧を優先したために再起動した

WebOTXが今回新たに提供する機能では、障害の予兆を検出するための監視項目とそのしきい値について予め設定されています。そして、予兆を検出した際に、障害解析に最適なスレッドダンプ、ヒープダンプを最適なタイミングで確実に採取します。これにより、従来は情報不足で再現待ちや解決困難となってしまった障害も早期解決を可能とします。

レポート情報の出力

従来、将来的な性能問題の発生予測やボトルネック箇所の推定には、複雑な監視設計や測定したデータの分析が必要となり正確なリソース増強計画の立案は困難でした。診断サービス機能が稼働状況を定期的に測定し、性能問題の顕在化予測に役立つレポート情報を出力し、高精度なキャパシティプランニングをサポートします。

プラットフォーム構築の負担を大幅削減するWebOTX V9の紹介資料はこちら

仮想化・クラウドへの対応

仮想環境における運用性を向上

仮想化環境やクラウド・コンピューティングによる業務システムでは、数十台~数百台からなるサーバを用いて負荷分散環境を構築します。さらに、スケールアウトによるサーバ増強の際には、VMwareなどの仮想化ソフトウェアを用いて既存のサーバ環境を複製し、複数の実行環境を構築する手法が取られます。

以前のバージョンでは、このような複数のサーバ群で構成されたシステムに対し、アプリケーションの更新やパラメータ変更作業、システム監視などの作業を行うには、個々の環境に対し作業を行わなければならなく、構築・運用に多くのコストを必要としました。

それを踏まえてWebOTX Application Server V8.3では、分散配置されたサーバ上のドメイン(業務実行環境)群をグルーピングし、個々のドメインへのアプリケーション配備や設定作業を一元化する運用基盤を新たに提供します。スケールアウトによるサーバ追加時にも単一の操作でグルーピング対象とすることができるようになり、構築・運用コストを大幅に削減できます。

例えば、10台の同一構成からなるサーバを用いたシステムを構築する場合、これまでは個々のサーバに対して次のようなドメイン構築作業が10台分必要でした。

  • アプリケーションをドメインに配備
  • ドメイン上の実行パラメータを更新
  • ドメイン上の監視項目を設定

本バージョンでは、分散されたサーバ上のドメイン群を仮想的な一つのドメイン(ドメイングループ)としてグルーピングし、そのドメインに対して一回の運用操作を行うことで、グルーピングされたドメイン全てに一斉にアプリケーション配備やパラメータ更新作業が行えます。

また、これまでは全てのサーバ上のドメイン稼動状況を把握するために、個々の(10台分のサーバ上の)ドメインに運用管理ツールから接続しなければなりませんでしたが、本バージョンで提供する運用基盤を用いれば、そのような煩わしい作業が一切不要です。

さらに、これらのドメイン内で発生したプロセス停止などの異常を表すイベントについても、この運用基盤上で一元的に把握できます。これにより、WebSAMなどの監視ソフトウェアとの連携が容易になります。

一方、システム保守作業では、アプリケーションの更新や実行パラメータの更新作業が発生しますが、運用者はこの運用基盤から一回の更新作業を行うだけで、全てのサーバ上のドメインに更新内容を反映することができます。

その他、スケールアウトによるサーバ増強時にも、仮想化ソフトウェアなどによってコピーされたサーバ環境のドメインを簡単な操作で運用制御の対象に含めることができます。

このように、作業者は単一の運用基盤から全てのサーバ上のドメインを効率良く構築・管理することができるようになり、以前と比べて作業コストを大幅に削減できます。

ドメイン情報登録プロセスの無人化

無数のサーバ群から構築される仮想化環境やクラウド環境での運用基盤として、WebOTX Application Serverでは個々の実ドメインへのアプリケーション配備や設定作業を一元化する機能を提供しています。しかし、多数のアプリケーションサーバを一元管理するためには、構築時に個々の実ドメイン1つ1つを仮想ドメイングループに登録する必要があり、その作業コストは多大に膨らみます。さらに、システム構築者が膨大な数の実ドメインを手作業で登録するとなれば、ヒューマン・エラーを起す原因にもなります。

また、仮想化環境やクラウド環境では、システムの負荷状況に合わせてスケールアウトを行うことが一般的ですが、スケールアウト対象の新たなドメインを手作業で仮想ドメイングループに登録する必要があり、迅速にシステムを拡張することができませんでした。

WebOTX Application Server V8.4 では、管理対象となるAPサーバ(実ドメイン)から分散管理サーバ(仮想ドメイン)へグループ情報を自動でプッシュすることで新たなドメインの登録作業を自動化できます。これにより、運用上の煩雑さから解放され、作業コストを大幅に削減することが可能になり、ヒューマン・エラーの発生も抑えられます。また、インポート機能を利用して、スケールアウト対象の環境に設定をインポートしておけば、スケールアウト時に自動で仮想ドメイングループへの登録が行われるため、迅速なスケールアウト運用を行うことができます。

設定およびAPリソースのインポート

クラウド環境では、数十台~数百台からなる同一設定のサーバ群によりシステムが構築されます。このような環境を構築する場合、多量のパラメータ設定、AP配備、JDBCドライバなどJava部品の配置などの作業を複製台数分繰り返す必要があり、構築負担は多大なものとなります。

WebOTX Application Server V8.4 では、新規機能のドメインのセットアップ・スクリプト生成機能により、ドメイン環境構築を自動化することができます。

この機能は、V8.3で提供済みのパラメータ抽出(エクスポート)機能を拡張したもので、パラメータ抽出機能で抽出されたドメインの情報を新規環境にインポートするスクリプトを生成する機能です。スクリプトはパラメータ間の依存関係や前提条件を解決した形式で生成されるので、システム構築者はスクリプトを1度実行するだけで、抽出元のドメインを簡単に複製することが可能です。

これにより、システム構築時の作業者負担を大幅に軽減することができます。

システム全体のユーザアカウント情報の一元管理

ユーザ管理にLDAP(Lightweight Directory Access Protocl)サーバを利用できます。アプリケーションサーバごとに個別に設定されていた運用ユーザや、アプリケーション利用者を一元的に管理することが可能となり、シングルサインオン環境の構築を行うことができます。

LDAPサーバ(EnterpriseDirectoryServer)を標準でバンドルLDAPサーバ(EnterpriseDirectoryServer)を標準でバンドル

Webブラウザベースの統合運用管理コンソール

WebOTXでは、容易に運用操作を行うためにWebブラウザベースの統合運用管理コンソールを提供しています。

統合運用管理コンソールにより、Webアプリケーションの配備や配備解除、起動・停止などの運用操作、およびシステムの稼動状況の監視などを、Webブラウザを利用して管理することができます。Webブラウザさえ動作する環境があれば、インターネットを介したリモートからの操作を行えます。

Webブラウザベースの運用管理コンソールWebブラウザベースの運用管理コンソール

GUIベースの統合運用管理ツール

WebOTXではGUIベースの統合運用管理ツールを提供しています。

GUIベースの運用管理ツールGUIベースの統合運用管理ツール

ツール上でシステムの稼動状態を簡単に監視することができ、マウスを中心とした操作により、システム構成情報の作成・変更・追加、アプリケーションの登録・変更・削除、起動・停止、などの運用操作を簡単に行うことができます。

また、ユーザ管理やシステム稼動状況の監視、パフォーマンス状況の通知や障害監視を改善しています。ツール上でグラフィカルに参照することができ、運用効率の向上の手助けを行います。

システム監視機能システム監視機能

運用管理製品との連携[New]

WebOTXは運用管理コマンドや運用管理コンソールといった運用操作を行うためのクライアントツールを用意しています。

WebOTX V10では、HTTPリクエストで運用操作を行えるように機能強化しました。
この強化により、ZabbixHinemosといったREST APIベースのクラウド基盤との親和性を向上しています。


ページの先頭へ戻る