ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VirtualPCCenter基盤ソフトウェア
  4. 特長/機能
  5. VirtualPCCenter 3.0 機能強化ポイント
ここから本文です。

VirtualPCCenter 3.0 機能強化ポイント

Windows Server 2008 R2 (Hyper-V 2.0) 対応

  • VirtualPCCenterの仮想基盤として、Hyper-V 2.0 をサポートします。
    障害予兆からの仮想PC退避、リソース最適配置、サーバダウン時のフェイルオーバーを実現します。

Windows 7 対応

  • 仮想PCのOSとして、新たに Windows 7 Enterprise をサポートします。

仮想PCディスク共有機能 ※1

  • 同一マスタから大量の仮想PCのクローンを生成することが可能です。
    仮想PCを「マスタイメージ」+「差分データ」で管理することで、ディスク容量の削減ならびに効率的運用が行え、仮想PC一括作成の際にも時間短縮を図ることができます。

省電力運用の強化

  • ある時刻の間に、ログオフされた仮想PCを自動的にシャットダウン。
    これまでの省電力機能(CPU負荷が一定期間低いサーバをシャットダウンする) との組み合わせで、省電力効率が向上します。

リソース最適配置の強化

  • HDD容量やサーバごとの稼動数に偏りがないように仮想PCを自動作成します。
    また、仮想PC起動時には負荷が集中しないように、仮想PCを最適な仮想PCサーバに配置した上で自動起動を行います。

Citrix ICAプロトコル対応

  • Citrix XenDesktop製品と組み合わせて利用することで、仮想PCにICAプロトコルで接続することができます。
  • ※1仮想基盤として VMware ESX4.0 U1以降を使用する必要があります。

ページの先頭へ戻る