ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VirtualPCCenter基盤ソフトウェア
  4. 動作環境
  5. VirtualPCCenter 2.1
ここから本文です。

VirtualPCCenter 2.1 動作環境

仮想PCサーバ

機種 Express5800/100シリーズ※1
HWスペック CPU:Intel Xeon 1500MHz 2CPU以上(最大16CPU)
メモリ:1GB以上 最大64GB ディスク容量:10GB以上(ソフトを入れる場合、36GB以上)※2
ネットワークアダプタ(リンク速度1000Base以上を推奨)
OS OSは不要です
その他
  • ディスク容量にはテンプレート(仮想PC追加/復旧用データ)格納領域が別途必要です。
  • VirtualPCCenter 2.1 には VI3.5-Foundation のライセンスを添付しています。
  • VirtualPCCenter 2.1 では、ESX 3.5 Update4 までをサポートしています。(2009年5月現在)
  • ただし、Update2/Update3 をご利用いただく上で注意事項があります。こちらを参照してください。 また、Update4 をご利用いただく場合は、こちらを参照してください。
  • VirtualPCCenter 2.1 では VirtualPCCenter 1.3 以前のバージョンで構築した ESX Server 3.0.2 Update1以降に限り接続可能です。 ただし、この場合 VirtualCenter 2.5 および SigmaSystemCenter2.1 Update1 が必要です。(SigmaSystemCenter2.1 Update2以降ではESX3.0.x環境を管理できません)
  • ※1仮想PCサーバは、仮想化基盤上に仮想PCを動作させるためのサーバです。
    仮想化基盤としてVMware ESX 3.5 をインストールしていただきますので、VMware社からハードウェア認証を 取得したExpressサーバをご利用いただくことになります。
    また、ESMPRO/ServerAgentがVMware環境で装置に対応していることも必要です。該当するサーバは、こちらをご覧下さい。
    なお、Express5800/140シリーズはサポートしておりませんので、ご注意下さい。
  • ※2ストレージは、iStorageのSシリーズ、Dシリーズのみサポートしています。Eシリーズ(iSCSI)は、サポート外となります。

管理サーバ

機種 Express5800/100シリーズ
HWスペック CPU:Intel互換CPU 2GHz以上(2GHz以上のマルチコア推奨)
メモリ:3GB以上 ディスク容量:3GB以上※3
ネットワークアダプタ(リンク速度1000Base以上を推奨)
OS Windows Server 2003 Standard Edition SP2 / R2 SP2
Windows Server 2003 Enterprise Edition SP2 / R2 SP2
その他
  • 仮想PCをドメインに参加させる場合はDHCPサーバが必要です。
  • Microsoft .NET Framework 3.0 および Internet Explorer 6または7 が必要です。
  • 管理サーバの管理対象規模としては、仮想PCサーバ200台あるいは仮想PC台数2,000台に、いずれか先に到達した値を上限とします。 (ただし、Starter Editionでは、仮想PCサーバ2台、仮想PC台数120台までを上限とします。)
  • 管理サーバには、別途データベースが必要です。
  • VirtualPCCenterでサポートしている VirtualCenter は、2.5 Update4 までです。
  • VirtualCenter 2.5 Update4 (VI3.5 U4)をご利用いただくには、
    SigmaSystemCenter2.1 Update1が必要です。
  • ※3管理サーバの本体コンポーネント、SQLインスタンスおよび必須ソフトウェアのインストールに必要なディスク容量です。
    管理サーバで使用するデータベース分のディスク容量が別途必要です。
本体コンポーネント SigmaSystemCenter:0.5GB(Java/Tomcat含)、VirtualCenter:0.6GB
SQLインスタンス SigmaSystemCenter:0.9GB、VirtualCenter:0.5GB
.NET Framework 0.4GB
VIクライアント 0.15GB
  • VirtualPCCenter 2.0からディスク容量に変更はありません。

クライアント管理サーバ

機種 Express5800/100シリーズ
HWスペック CPU:Intel PentiumⅢ 600MHz以上
メモリ:※4
小中規模(仮想PC 300台程度):650MB
大規模(仮想PC 1500台程度):1.8GB
OS Windows Server 2003 Standard Edition SP1 / SP2 / R2 / R2 SP2
Windows Server 2003 Enterprise Edition SP1 / SP2 / R2 / R2 SP2
Windows Server 2008 Standard (x86)
Windows Server 2008 Enterprise (x86)
必須ソフトウェア .NET Framework 3.0
データベース(対応データベースは、下記を参照してください。)
VirtualPCCenter 2.1 に添付しているクライアント管理オプションは、SigmaSystemCenter 2.1 との組み合わせのみ動作可能です。
対応データベース Microsoft SQL Server 2008 Express Edition、Standard Edition、Enterprise Edition
Microsoft SQL Server 2005 SP2 / SP3 Express Edition、Standard Edition、Enterprise Edition
その他 クライアント管理サーバで管理可能な仮想PCの台数は 1500 台までです。
  • ※4メモリサイズは、クライアント管理オプションが使用する容量です。
    Active Directoryサーバ上には、共に3000名程度のアカウントが存在することを想定しています。
    数値は概算であり、前後する可能性があります。

利用者端末

機種 TC-Station〈Hi〉
VersaPro シンクライアント
US40a、US60、US100、US110、US110E、US300a
ビジネスPC
メモリ 10MB以上の空き容量(ビジネスPC)
OS リモートデスクトップ接続クライアント(RDP)が稼動するOS。
ただし、クライアント管理オプションのエージェントを使用する場合は、 WindowsXP Professional SP2 / SP3、Windows Vista Business SPなし / SP1、Windows Vista Enterprise SPなし / SP1 のビジネスPCが必要。

仮想PC

利用可能OS Windows XP Professional SP2 / SP3 (x86)
Windows Vista Business SPなし / SP1 (x86)※5
Windows Vista Enterprise SPなし / SP1 (x86)※5
  • ※5Windows Vista を利用する場合は、仮想化基盤として VMware ESX Server 3.5 以降が必要です。
  • Express5800/VPCCサーバセットの詳細は、こちらです。

管理サーバ、クライアント管理サーバ、利用者端末、仮想PCのOSは、全て日本語版のみのサポートとなります。


ページの先頭へ戻る