ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VirtualPCCenter基盤ソフトウェア
  4. 動作環境
ここから本文です。

VirtualPCCenter 6.1 動作環境

仮想PCサーバ

仮想PCサーバは、仮想化基盤上に仮想PCを動作させるためのサーバです。
仮想化基盤として VMware vSphere もしくは Hyper-V (Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016) をインストールしていただきますので、 各仮想化基盤製品のシステム要件を満たすサーバをご利用いただくことになります。

  • (注意)ただし、以下のサーバは利用できません。
    ・無停止型FTサーバ
    ・Express5800/R120h-2M, R120h-1M以降の機種 Express5800/R1xx
    ・Express5800/D120h以降の機種 Express5800/D1xx

システム要件は、VMware製品の場合はこちら、 Microsoft製品の場合はこちらをご確認ください。

管理サーバ

機種 Express5800/100シリーズ
HWスペック(最小構成) CPU: Intel互換CPU 2GHz以上で、クアッドコア
メモリ: 2GB以上 ※1
ディスク容量: 11GB以上
ネットワークアダプタ(リンク速度1000Base以上を推奨)
OS Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise SP1
Windows Server 2012 Standard/Datacenter
Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter
Windows Server 2016 Standard/Datacenter
必須ソフトウェア Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降のバージョン
Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 ※2
IISバージョン7.5、もしくはそれ以降のバージョン
ASP.NET v4.0、ASP.NET v4.5、または ASP.NET v4.6 ※3
Internet Explorer 10、 11
DeploymentManagerを管理サーバにインストールする場合、JRE(Java Runtime Environment 32bit版) 7.0、8.0 が必要です。
対応データベース Microsoft SQL Server 2008 R2
Express/Standard/Enterprise (x86/x64)
Microsoft SQL Server 2012
Express/Standard/Business Intelligence/Enterprise (x86/x64)
Microsoft SQL Server 2014
Express/Standard/Business Intelligence/Enterprise (x86/x64)
Microsoft SQL Server 2016
Express/Standard/Enterprise (x64)
VMware vCenter Server につきましてはこちらをご参照ください。
その他 仮想化基盤にHyper-Vを使用する場合、仮想PCをドメインに参加させるにはDHCPサーバが必要です。
管理サーバの管理対象規模としては、仮想PC台数2,000台を上限とします。
  • ※1 仮想化基盤がVMware製品の場合は、vCenter Serverで必要とされるメモリ容量を加算してください。vCenter Serverで必要なメモリの詳細は vCenter Server 6.0、 または vCenter Server 6.5 をご確認ください。
  • ※2Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016にSQL Server 2014をインストールするためには、事前に.NET Framework 3.5 SP1をインストールする必要があります。
  • ※3Windows Server 2008 R2の場合はASP.NET v4.0、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2の場合はASP.NET v4.5、Windows Server 2016の場合はASP.NET v4.6となります。

クライアント管理サーバ

機種 Express5800/100シリーズ
HWスペック(最小構成) CPU:Intel PentiumⅢ 600MHz以上 (推奨:Intel互換CPU 2GHz 2 Core以上)
メモリ:※4
小中規模(仮想PC 1000台以下):700MB以上 (推奨1.4GB以上)
大規模(仮想PC 2000台以下):1GB以上 (推奨2GB以上)
OS Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise
Windows Server 2012 Standard/Datacenter
Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter
Windows Server 2016 Standard/Datacenter
必須ソフトウェア .NET Framework 4.5以降のバージョン
データベース(対応データベースは、下記を参照してください。)
対応データベース Microsoft SQL Server 2008 R2
Express/Standard/Enterprise (x86/x64)
Microsoft SQL Server 2012
Express/Standard/Business Intelligence/Enterprise (x86/x64)
Microsoft SQL Server 2014
Express/Standard/Business Intelligence/Enterprise (x86/x64)
Microsoft SQL Server 2016
Express/Standard/Enterprise (x64)
その他 1台のクライアント管理サーバで管理可能な仮想PCは 2,000 台までです。
また、複数のクライアント管理サーバを1つの統合データベースにまとめる場合、 クライアント管理サーバ 20 台、もしくは、管理する仮想PC 40,000 台にいずれか先に到達した値を上限とします。
  • ※4メモリサイズは、クライアント管理オプションが使用する容量です。
    Active Directory サーバ上には、共に 3,000 名程度のアカウントが存在することを想定しています。
    数値は概算であり、増減する可能性があります。

仮想PC

利用可能OS Windows 7 Professional/Enterprise (x86/x64)
Windows 8.1 Pro/Enterprise (x86/x64)
Windows 10 Pro/Enterprise (x86/x64)
Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter(x64) ※5
Windows Server 2016 Standard/Datacenter(x64) ※5
  • ※5VDI用途のみサポートします。

利用者端末

シンクライアント端末

機種
US310e, US300d, US100d

パソコン

OS Windows 7 Professional/Enterprise (x86/x64)
Windows 8.1 Pro/Enterprise (x86/x64)
Windows 10 Pro/Enterprise (x86/x64)

旧バージョンとの組み合わせ

VirtualPCCenter 6.1のクライアント管理サーバは、下記の表にある旧バージョンの端末エージェントとの組み合わせをサポートします。
ただし、端末エージェントのバージョン以降に追加した機能は、使用できません。6.1の端末エージェントをサポートしたシンクライアント端末で、VirtualPCCenter 6.1の新機能を使用する場合は、端末エージェントを6.1にバージョンアップする必要があります。

機種名
サポートする端末エージェントの旧バージョン
4.3 5.0 6.0
US310e
US300d
US300c  
US40c  
パソコン

管理サーバ、クライアント管理サーバ、仮想PC、利用者端末のOSは、全て日本語版のみのサポートとなります。


ページの先頭へ戻る