ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VirtualPCCenter基盤ソフトウェア
  4. 動作環境
  5. VirtualPCCenter 2.1
  6. 注意事項(VI3.5 U4)
ここから本文です。

VirtualPCCenter における VI3.5 Update4 適用に関する注意事項

VI3.5 Update4 (以下 VI3.5 U4と略す)を利用いただく上で下記の注意事項があります。
以下の内容を確認いただき、適用をお願いします。

VI3.5 Update4サポートバージョン

VirtualPCCenter2.1 かつ SigmaSystemCenterのバージョンが 2.1-7936(SSC2.1 Update1) 以降である環境。

VPCC2.1を購入いただいたお客様で、次の条件のどちらかに当てはまる場合は、2.1-7936(SSC2.1 Update1)となります。

  1. SSCのインストールメディアに「SigmaSystemCenter2.1 Update1 VPCC用」と記載されたメディアでインストールされた環境 (2009年3月中旬以降購入のお客様には このメディアが同梱されています)。

  2. VPCC2.1に対して SigmaSystemCenerのパッチ SSC0201-0002 を適用された環境。

動作環境およびアップグレード手順に関して

VI3.5 U4の動作環境およびアップグレード手順については、PPサポートサービスに掲載の各ドキュメントを参照してください。
ここでは、特に注意していただきたい項目を記載しています。

主な関連ドキュメント

  • VMware ESX Server 3.5 Update 4
    ESX Server 3.5 Update 3 からのアップグレード手順

  • VMware VirtualCenter 2.5 Update 4 (英語版)
    VirtualCenter 2.5 Update 3 (英語版)からのアップグレード手順

  • ESMPRO/ServerAgent for VI3 説明書

動作環境に関する補足

  • ESX 3.5 U4 が動作可能な 仮想PCサーバは、VMwareの認証が完了しており、かつ ESMPRO/ServerAgentの対応が必要です。
    VMwareの認証が完了しているサーバやESMPRO/ServerAgentの対応状況については、お問い合わせ下さい。

  • VPCC2.0以前をお使いのお客様はVPCC2.1へバージョンアップを行ってください。バージョンアップ媒体はPPサポートサービスのページにて申請いただくことで入手可能です。
    また、VPCC2.1をお使いのお客様で、SSC2.1(Updateなし)をお使いのお客様は、Update1を適用してください。Update1はPPサポートサービスのページ、 もしくはSSC製品Webサイト(日本語版)からダウンロードできます。

  • ESX3.5 U4 対応のESMPRO/ServerAgent for VMware Infrastracture3は、PPサポートサービスのページから最新版をダウンロードして、 アップデートしていただく必要があります。

    VPCCに添付の ESMPRO/ServerAgentは 順次 最新版に差し換えております。
    ご購入の VPCCに添付の ESMPRO/ServerAgent の CD媒体表面下に記載の番号「ID:243-112482-001-X」 の X 部分が 「J」以降の場合は、 U4対応済みバージョンとなります。

アップグレード手順に関する補足

  • VI3.5 の Updateを適用する場合は、Update1 → Update2 → Update3 → Update4 を順番に適用いただく必要があります。
    例えば Update1 環境から 直接 Update4 を適用することはできません。

  • ESX3.5 U4 を利用する場合は、かならず VirtualCenter2.5 を U4 にアップグレード後、ESXの Updateを適用してください。

  • SigmaSystemCenterで、仮想PCサーバおよび仮想PCの監視を行い、障害発生時に復旧処理を行うようなポリシ定義をしている場合、 ESX にUpdateを適用する前に、以下のいずれかを行ってください。
    • SigmaSystemCenterのサービス(PVMService)を停止する(推奨)
    • Update適用を行う仮想PCサーバおよびその上で動作する仮想PCに対して メンテナンスモードに変更する

アップグレード後の処置に関する注意

  • VI3.5 U4 にアップデート後、ESX上の pegususサービスの停止を必ず行ってください。詳細な停止手順については、お問い合わせ下さい。

  • VI3.5 U4では、SSCによる仮想マシンサーバ・プロビジョニングは利用できません。

  • VI3.5 U2 および U3での注意事項のうち、「VMware Host Agent構成ファイルの設定変更」は、U4では対処不要です。

VI3.5 Update4 までで強化された主な機能の利用について

  • Enhanced VMotion Compatibility
    VPCC2.0 および VPCC2.1 では利用不可。
    VPCC2.1 かつ SSC2.1 Update1 では利用可能。

  • 仮想マシンのライブでのクローン作成
    利用不可。

  • VirtualCenter のアラーム(健全性の確認)
    利用不可。

  • 仮想ディスクのホット拡張のサポート
    利用可能。

  • Windows シングル サインオンのサポート
    利用可能。

  • 新規ゲストOS(Ubuntu 8.04.1、RHEL 4.7)のサポート
    利用不可。

ページの先頭へ戻る