ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VoiceGraphy
  4. 特長/機能
  5. 機能詳細
ここから本文です。

VoiceGraphy - 機能詳細

VoiceGraphyの主な機能

柔軟な音声認識機能

  • 会議の発言をその場でリアルタイムに文字に変換。会議終了時には議事録のドラフトができあがります。
  • 声の事前登録は不要です。(不特定話者対応)
  • 声の特徴をリアルタイムに自動学習、混同しやすい音も区別しながら学習し、認識精度が自動的に向上する「自動学習機能」を搭載しています。
  • 音声認識で混同しやすい音の差異に着目して認識誤りを最小化する、最新の学習技術を音声認識エンジンに採用。「自動学習機能」とあわせて認識精度が一層向上します。
    音声ファイル認識は、実時間の約2~4倍のスピードで高速認識。後からまとめて、音声ファイルを認識させる場合も、高速認識で時間短縮がはかれます。

編集作業の効率化を重視

  • 画面デザインやコントロールバーのレイアウトなど、ユーザビリティに配慮。議事録編集作業の操作性を向上します。
  • ショートカットキーを豊富に用意。キーボード操作だけで音声再生と編集を効率よく行えます。
  • 複数名での分担編集や、オンライン・オフラインでの編集ができます。

らくらく聞き取り機能

  • 音声を自動的に連続再生・繰り返し再生できるため、効率よく聞き取れます。
  • 聞きたいところを文字単位・ピンポイントで再生できます。
  • 再生速度を変えても声をクリアに再生します(早聞き・遅聞き)。

すいすい書き起こし機能

  • 一からの書き起こしは不要、認識結果の部分的な修正で済むため、作業効率が大幅に改善されます。
  • 任意の“えー”、“あのー”などの不要語を自動的に削除します。
  • 編集画面の文章に、コメントを記述できます。用語や漢字表記の確認など、不明点にはコメントを付けておき、後からチェック!
  • 議事の進行状況(休憩、拍手)など、よく使う言葉は、キーに割付。ボタンひとつで入力できます。
  • 発言者名を入力すると、発言者を推定し以降の発言者名を自動表示。会議出席者をあらかじめ登録することで、リストから選択もできます。

議事録の体裁調整支援

  • 会議の名称、出席者などの付加情報をあわせて、議事録出力できます。
  • 議事録のスタイルを任意にカスタマイズ可能。議事録の書式に柔軟に対応できます。

音声認識用辞書

  • 音声認識用の言語モデル(辞書)はお客さまごとに作成。会議で頻繁に使う言葉や言い回しを反映させることで、認識率を向上させます。
  • 新しい用語は「単語登録」ができます。

(参考)VoiceGraphy音声認識のしくみ

「音」と「意味」から最も近い語彙を選びます。言語モデルは、過去の議事録をもとに単語と単語のつながり方を統計的に算出し、認識精度を高めます。

音声認識のしくみ

VoiceGraphyはNECの「音声認識技術」をベースに、NECソリューションイノベータが、議事録作成支援ソリューションとして、開発しました。


ページの先頭へ戻る