ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VoiceGraphy
  4. 動作環境
ここから本文です。

VoiceGraphy - 動作環境

VoiceGraphy音声認識サーバ
OS (※1) Windows 7 Professional SP1  Windows 8.1  
Windows10 Pro
CPU Intel® Core™2 Duo 2.16GHz相当以上(Intel Core i5 2.50GHz相当以上を推奨)
メモリ 4GB以上を推奨
空きディスク容量 1GB以上 ※2
VoiceGraphyデータ管理サーバ
OS (※1) Windows 7 Professional SP1  Windows 8.1  
Windows10 Pro  
Windows Server® 2008 R2 Standard SP1
Windows Server 2012 Standard SP1
Windows Server 2012 R2 Standard SP1
CPU Intel Pentium® 4 1.2GHz相当以上
メモリ 2GB以上を推奨
空きディスク容量 8GB以上 ※3
VoiceGraphy編集ツール
OS (※1) Windows 7 Professional SP1  Windows 8.1  
Windows10 Pro
CPU Intel Pentium 4 1.2GHz相当以上
メモリ 2GB以上を推奨
空きディスク容量 2GB以上
VoiceGraphy言語モデル
VoiceGraphy音声認識サーバと同じサーバ(パソコン)にインストールします。
  • ※164bitOSの場合は、32bit互換モードで動作します。
  • ※2データ管理サーバが無い構成の場合、 音声認識サーバのパソコン内に認識結果を保存します。認識結果1時間の保存に23MB程度必要です。また、音声認識中のテンポラリファイルとして、リアルタイム音声認識時160MB/時間・音声ファイル認識時320MB/時間必要になります。テンポラリファイルは音声認識終了後削除されます。
  • ※38GBでは、約300時間の認識結果を保存できます。
  • 動作環境は運用形態により変わります。詳細はお問い合わせください。
  • 各ソフトウェアは、仮想プラットフォーム環境 Hyper-V(Windows Server 2008R2/2012/2012R2) 、 VMware ESXi(5.0.0/5.1.0/5.5.0) でお使いいただけます。また、各ソフトウェアはリモートデスクトップ接続でお使いいただけます。 尚、仮想化プラットフォーム環境上で、「VoiceGraphy/音声認識サーバ」を動作させる場合、 仮想音声デバイスを認識しないため、リアルタイム音声認識はお使いいただけません。

ページの先頭へ戻る