ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

UNIVERGE WAシリーズ サンプルコンフィグ作成ツール

4. アダプタモードの設定例

4.2 独立認証方式

インターネット通信

対応機種

WA1020 、WA1510、WA1511

概要

アダプタモードは、既存の有線ルータをモバイル通信に対応させたいとき
(ADSL回線のマイグレーションなど)に有効な機能です。
モバイル網からWAシリーズに付与されたIPアドレスをそのまま配下ルータに付与させることで、
既存環境そのままに、まるで配下ルータがモバイル網と直接接続したかのような通信を実現します。
既存の有線ルータにモバイル通信対応ルータを接続した場合と異なり、NATがかかりません。

認証方式について

  • 独立認証方式 ★本ページはこの認証方式となります。
    配下ルータの設定変更が不要ですので、既存環境をそのままご利用になれます。
    WAシリーズが配下ルータを認証することで、モバイル網と接続ができます。
    (配下ルータとWAシリーズ間は、配下ルータに登録済みのフレッツ接続用アカウントで認証し、
     WAシリーズとモバイル網間は、モバイル網接続用アカウントで認証できます)
    WAシリーズにモバイル網と接続するためのアカウント情報を登録する必要があります。
    WAシリーズと配下ルータ間はPPPoE接続で、PAPまたはCHAP認証を使用します。
  • 連動認証方式 (この認証方式をご利用の際はこちらから)
    配下ルータにモバイル事業者と接続するための認証情報を登録することで、
    WAシリーズは配下ルータから受け取った認証情報をそのまま透過して、
    モバイル網と接続できます。
    認証情報を配下ルータに一元化し、WAシリーズのコンフィグを容易化します。
    WAシリーズと配下ルータ間はPPPoE接続で、PAP認証を使用します。

配下ルータの設定について

  • WA1020のFE0.0ポート、WA1510、WA1511のGE1.0ポートと
    配下ルータのWAN側ポート間をLANケーブルで接続してください。
  • 配下ルータ側に、WAシリーズと接続するためのPPPとPPPoEの設定を行ってください。
    配下ルータ側の設定は、配下ルータのマニュアルをご参照願います。
  • 配下ルータにService-Name タグの設定が可能な場合、Service-NameタグにPDP-Type、CID、APN、Numberを設定することで、WAシリーズ側にこれらの設定が不要になります。

設定パラメータ

変更必須
〈ルータ選択〉
機種名 ご使用の機種を選択してください。    
〈ルータ名登録〉
ホスト名 本製品を識別するためにホスト名を設定します。
〈ルータ管理者ユーザ登録〉
管理者ユーザ名 admin
管理者パスワード ルータを管理するユーザのパスワードを登録します。ログインする際に必要になります。安全のため、必ず変更してください。    
〈配下ルータとのPPP接続設定〉
配下ルータとWAシリーズ間の認証方式 LAN側認証をWAN側認証と独立して動作させます。
ユーザ名 通信事業者から割り当てられるIDです。契約をご確認の上、正しく入力してください。任意の場合は変更の必要はありません。
パスワード 通信事業者から割り当てられるパスワードです。契約をご確認の上、正しく入力してください。任意の場合は変更の必要はありません。
〈モバイル網接続設定〉(機種により、設定箇所が異なります)
※ 配下ルータにSerivice-Nameタグを設定した場合、以下の設定は不要です。
[全機種共通設定]
ユーザ名 通信事業者から割り当てられるIDです。契約をご確認の上、正しく入力してください。任意の場合は変更の必要はありません。
パスワード 通信事業者から割り当てられるパスワードです。契約をご確認の上、正しく入力してください。任意の場合は変更の必要はありません。
アクセスポイント名(APN) 通信事業者によって異なります。通信事業者との契約をご確認の上、正しく入力してください。
[以下はWA1510/WA1020 用設定]
CID 通信事業者によって異なります。通信事業者との契約をご確認の上、選択してください。
PDPタイプ 通信事業者によって異なります。通信事業者との契約をご確認の上、選択してください。
モバイル番号 通信事業者によって異なります。通信事業者との契約をご確認の上、正しく入力してください。
ネットワーク構成図に戻る


サンプルコンフィグ

ネットワーク構成図に戻る

設定方法

  • 設定するWAシリーズを工場出荷時状態にしてください。
  • CLI(コマンドラインインタフェース)上で、WAシリーズをグローバルコンフィグモードにしてから、
    上記のサンプルコンフィグを貼りつけてください。
  • 上記コンフィグをWAシリーズに保存する場合、CLI上で「save」コマンドを入力してください。
  • 各種コマンドの詳細やその他の設定例は、 取扱説明書 及び コマンドリファレンス を参照してください。

注意

  • CID、PDPタイプ、APNの設定が不要のデータ通信端末を利用する場合、
    サンプルコンフィグの interface Serial0 の下にある mobile id *** の行は削除してください。
  • CLIに貼り付ける際、エラーメッセージ(Invalid command)が表示されないことをご確認ください。エラーメッセージが表示される要因としては、入力文字数の制限超えや使用不可文字の使用などが考えられます。
  • サンプルコンフィグは典型的な設定例を示したものであり、万全な動作を保証するものではありません。サンプルコンフィグが原因で発生した損害についてはいかなる責任も負いかねますのであらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る