ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. パートナープログラム
  5. アプリケーションパートナー
  6. 相互接続検証
  7. 相互接続検証の内容
ここから本文です。

相互接続検証の内容

アプリケーションパートナー様がAPIやプロトコルの開示を受けて開発したアプリケーションと、UNIVERGE SV8300/SV8500/AspireXの相互接続検証を有償にて実施致します。

相互接続検証の内容

相互接続検証の定義 アプリケーションパートナー様へ開示したAPIやプロトコルを用いて、アプリケーションパートナー様が開発したアプリケーションまたは製品とUNIVERGE SV9500/SV9300/Aspire UXとの相互接続性を検証する。
検証対象機種 UNIVERGE SV9500/SV9300/Aspire UX
相互接続検証の内容
  1. アプリケーションパートナー様と共同で検証項目および線表を作成し、相互接続検証を実施する。
  2. 相互接続検証の結果が、相互接続の確認条件を満たすことを条件に、NECからアプリケーションパートナー様へ動作確認証の発行と UNIVERGE CERTIFIED ロゴの提供を行う。アプリケーションパートナー様はNECが定めた「UNIVERGE CERTIFIED」ロゴ利用規定に沿ってロゴを利用することができる。
  3. 相互接続検証の結果が、相互接続の確認条件を満たすことを条件に、アプリケーションパートナー様へ定期的(年1回もしくは2回)にAPIやプロトコルのエンハンス情報をメールにて通知する。
  4. アプリケーションパートナー様は、相互接続検証の実施後に検証を行ったアプリケーションもしくは製品のバージョンアップを実施した場合、速やかにNECへバージョンアップした旨と相互接続性に影響があるか否かの連絡を行う。
  5. アプリケーションパートナー様からの連絡内容をNECで確認して、再度相互接続検証を実施する必要があるか否かの判断を行う。
相互接続の確認条件
  1. アプリケーションパートナー様と共同で作成した検証項目について、全項目の合格が確認できること。
  2. 1.項の全項目の合格が確認できない場合、アプリケーションパートナー様でアプリケーションまたは製品で動作エラーにならないように対策を講じるとともに、製品の説明書等の書面に使用にあたっての制約条件を明記すること。
  3. アプリケーションパートナー様のアプリケーションまたは製品は、電気用品安全法等の法規制を満たしていること。
相互接続検証の責任分岐点 アプリケーションパートナー様に開示したAPIやプロトコルのインタフェースを責任分岐点とする。相互接続検証はインタフェースを介した相互接続性を検証するものであり、アプリケーションパートナー様のアプリケーションまたは製品の品質を保証するものではない。
動作確認証の保証範囲 NECが発行する動作確認証は、相互接続検証と同一条件下(製品のバージョン、構成、検証項目)での動作を保証する。
動作確認証の有効期間 動作確認証発行日から1年間とする。
動作確認証の有効期間の延長
  1. アプリパートナー様は、NECが定期的(年に1回もしくは2回)にメールにて通知するAPIやプロトコルのエンハンス情報を確認し、相互接続性への影響有無をエンハンス情報を受取り後1ヶ月以内にNECへ申告する。申告内容をNECで確認して相 互接続に問題がないと判断した場合には、有効期間を1年間延長する。
  2. アプリパートナー様から相互接続性に影響があると申告があった場合およびNECが申告内容を確認して相互接続に問題があると判断した場合には、再度相互接続検証(有償)を実施して相互接続性を確認することで有効期間を1年間延長する。
保守 アプリケーションパートナー様とNECは、相互接続検証を行ったアプリケーションまたは製品のバージョンを、バージョンアップ等による販売中止後も4年間は保守を継続する。

相互接続検証をご利用頂くまでのフローを下記に示します。

アプリケーションパートナーへのご参加 UNIVERGEアプリケーションパートナープログラムへのご参加はこちらをご参照下さい。

APIライセンス契約書の締結
or
利用許諾書の締結
API開示、プロトコル開示のご希望は上記「お問い合わせ」より、事務局宛ご連絡ください。
API開示の場合は、「APIライセンス契約書」、プロトコル開示の場合は、「利用許諾書」の締結が必要になります。

API or プロトコル開示  

アプリケーション開発  

UNIVERGEとの動作確認 InternetVPN経由での評価環境、または評価環境(デポ)をご利用頂けます。ご希望がありましたら事務局までお問い合わせください。

相互接続検証の覚書締結 相互接続検証を実施するにあたり、「相互接続検証の覚書」を締結させて頂きます。
「相互接続検証の覚書」には上記の相互接続検証の内容が記載されています。

相互接続検証の事前打合 相互接続検証の検証項目、構成、スケジュールを決定します。
また、相互接続検証の御見積を提示させて頂きます。

相互接続検証のご発注 相互接続検証の実施前に相互接続検証費用のご発注をお願いします。

相互接続検証の実施 双方立会いのもと相互接続検証を実施します。

相互接続の確認条件クリア  

UNIVERGE CERTIFIED 相互接続検証の結果をまとめた動作確認証を、NECから発行します。
相互接続の確認条件をクリアしましたら、UNIVERGE CERTIFIEDロゴをNECから提供します。

API/プロトコルのエンハンス情報をメール通知 相互接続の確認条件をクリアすること条件に、APIやプロトコルのエンハンス情報を定期的(年1回もしくは2回)にNECからメールで通知します。

相互接続への影響申告 アプリパートナー様はエンハンス情報を確認し、メール受信後1ヶ月以内に相互接続への影響有無をNECに申告します。

動作確認証の有効期限1年間延長可否を判定 アプリパートナー様から申告頂いた内容をNECで確認し、相互接続に問題なしと判断した場合には有効期限を1年間延長。
アプリパートナー様から相互接続に影響ありと申告があった場合やNECで問題ありと判断した場合には、再度相互接続検証(有償)を実施する。
動作確認証の有効期限1年間延長
or
相互接続検証の再評価

相互接続検証・評価環境利用の申込み

UNIVERGEパートナープログラム事務局まで【お問い合わせ】よりご要求ください。
「API開示ライセンス契約書」を締結の上、APIを開示いたします。
(有償開示については別途ご注文書が必要です。)

ページの先頭へ戻る