ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業向けネットワーク機器
  4. UnifiedStar i Standard
ここから本文です。

IP対応ユニファイドメッセージングシステム UnifiedStar i Standard

UnifiedStar i Standard

製品概要

「UnifiedStar i Standard」は、コミュニケーションサーバ「UNIVERGE SV9500」、「UNIVERGE SV8500」に対応した統合メールシステムです。オフィスにある、様々なコミュニケーション手段を一元的に管理すると共に、いつでもどこからでも、メッセージを確認することができます。これにより、業務の効率化が図れ、仕事の中断によるロスや連絡の遅れによる機会損失等を削減でき、顧客対応もより正確でスピーディーになります。もちろん、通信費などのコスト削減も図れます。

特長

  • ボイスメールを効率良く管理できます。
  • 複雑な伝言も通話録音により確実に伝えられます。
  • 電話機のランプ点灯でメッセージの有無や件数を確認できます。
  • 外出者に対して自動的に携帯電話/PHSを呼び出せます。
  • 同報先を指定してメッセージを送信できます。

 

機能

1.Webブラウザ表示機能/電子メール通知機能(オプション)

「UnifiedStar i Standard(以下STD)」に蓄積されたボイスメールを、PCのWebブラウザから確認することができます。Webブラウザ上の操作で、電話機/PCからの再生がボタン一つで行えます。また、ボイスメールをPCに保存すれば第三者に電子メールとして送信することも可能です。発信者番号が取得できれば一覧に相手の電話番号を表示します。なお、ボイスメールの受信は電子メールで通知することができ、その際ボイスメールの内容を添付ファイルとして付加することも可能です。
 

2.ボイスメール機能

不在者宛にかかってきた電話(伝言)を音声ファイルとして通話録音し、不在者のメールボックスに投函します。録音する回線は、外線/内線を問いません。録音内容の再生は、IP多機能電話機の場合メッセージランプが点灯するため、「聞き取りボタン」を押すだけで確認することができます。外出先では、携帯電話などから簡単に確認することができます。オプションにより、通話録音した音声ファイルをWAVE形式で添付して不在者の電子メールに投函し、電子メールからの電話機再生を行うことも可能です。
 

3.ボイスメール到着通知機能

ボイスメール到着通知を、即時または設定した間隔で、携帯電話やFOMA®/無線LANデュアル端末などの指定した端末へ通知できます。オプションにより、インスタントメッセージ(IM)での通知も可能です。
 

4.同報機能

複数の人に同じメッセージを送りたい場合に、ボイスメールを同報することができます。
 

5.システム自動応答(AutoATT)

システム自動応答により、他の人の手をわずらわすことなく、電話対応ができます(IVR機能)。また、個人番号を使用して、ガイダンスを経由せずに、直接呼び出すことも可能です。


仕様

項目 仕様
制御プロトコル SIP(RFC3261)ベース NEC拡張プロトコル
音声符号化方式 G.711(64kbps)、G.729a(8kbps)
DTMF方式 RFC2833(G.711見なし)
QoS ToS(IP Precedence/Diffserv)
LANプロトコル TCP/IP
音声回線数 標準4回線/最大32回線(4回線単位で増設)[単独サーバ構成時]
標準4回線/最大96回線(4回線単位で増設)[複数サーバ構成時]
音声ファイル形式 WAV PCM 8Khz 16ビットモノラル
音声蓄積容量 約340時間(HDDが20GBの場合)
FAXファイル形式 Tiff
留守電録音時間/1メッセージ 最大30分(初期値3分)
通話録音時間/1メッセージ 最大60分(初期値5分)
メッセージ保存期間 最大60日(初期値7日)
メールボックス数 標準 250メールボックス
最大10,000メールボックス(50、250、1,000、2,000ボックス単位で増設)

*FOMAは株式会社NTTドコモの登録商標です。
*記載されている会社名、商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

 

関連サイト(事例)

ページの先頭へ戻る