ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. UNIVERGE SV9500
  5. 特徴
ここから本文です。

特徴

IPネットワークイノベーション

UNIVERGE SV9500は、ソフトフォン、ミドルウェア、各種アプリケーションなど、さまざまなコミュニケーションツールとのコラボレーションにより、音声以外の各種メディアをシームレスに融合。
いつでもどこでも、ストレスなく情報交換できるユニファイドコミュニケーション環境を提供します。

IPネットワークイノベーション

ワークプレースを拡大する多彩なコミュニケーション機能

UCクライアント

DT800/DT400シリーズと連携する UCクライアントにより、利用者の環境・プレゼンス状態に応じて、音声通話、IMなど最適な手段でコミュニケーションが可能です。

  • IM:インスタントメッセージ

UCクライアント

モバイルクライアント

スマートデバイスではモバイルクライアントを利用することにより、UCクライアントと同等の操作性を実現します。

モバイルクライアント

キャリアFMCサービス連携

キャリアFMCサービスとの連携により、社外にいても内線番号による通話、内線番号の通知・表示ができます。 公衆網からオフィスへの着信を携帯電話に転送した場合、携帯電話に公衆網からの発信者番号を通知し、コールピックアップなども可能です。

キャリアFMCサービス連携

UC Connector

Skype for Business®の画面から、簡単に電話発信ができます。電話帳検索やダイヤル操作が不要になり、業務効率が向上します。

UC Connector電話発信

高度なユーザビリティと効率化を実現するターミナル

UNIVERGE DT800/DT400シリーズ

スマートデバイス連携機能に対応した次世代多機能電話機シリーズです。USBメモリへの通話の録音、内蔵のパーソナル電話帳はセキュリティを確保。DT830Gシリーズでは、ギガbitイーサに対応します。

UNIVERGE DT800/DT400シリーズ

PHS活用

PHS端末を利用した機動性の高いモバイル環境を実現します。IPネットワークを利用して各拠点にPHS基地局を設置することで、出張先でも同じ内線番号でPHS端末を利用することが可能です。
・Carrity-NWは高速ハンドオーバー、防水・防塵機能、テキストメッセージに対応しています。
・Carrity-BRはPHS環境を使って、スマートフォンをUNIVERGE SV9500の内線端末として収容できます。

PHS活用

IPコンポーネントUG50

従来端末と複数種類の公衆回線(アナログ、INSネット)をUG50一台に収容します。リモート拠点の従来端末収容によるIPセントレックス化、ビル幹線IP化によるフロア内従来端末収容を可能にします。

IPコンポーネントUG50

優れた信頼性・柔軟性、エコへの取り組み

信頼性の高い運用性能

UNIVERGE SV9500は、通信とITの両分野で確かな実績を誇るNECの先端テクノロジーにより、優れた信頼性・冗長性を実現します。ハードディスクレスにより駆動部分をなくすことで障害発生率を低減、CPUなどのモジュールがすべてカード化されているので運用中に交換が可能、さらに二重化構成時はCPU間で高速なデータ送受を図り、呼状態を維持しながら10秒以下での系切替*1を可能にします。また、コミュニケーションサーバ冗長化機能、SR-MGC機能やロケーションダイバーシティ機能により、WANやサーバ障害時にも拠点内通信を確保するほか、通話中に障害が発生しても各端末はRTPを受信する限りは通話呼を維持します。

  • 1 障害によっては、呼状態を破棄し、系切替に10秒以上かかる場合があります。

柔軟なハイブリッド構成

UNIVERGE SV9500は、IPですべてのシステムを構成するピュアIPシステムをはじめ、従来内線や従来回線のみを活用したシステム構成も可能。加えて、NEC の独自技術i-Netfusingによって最大192,000回線まで拡張可能です。

既存資産を活かして段階的にシステム強化

既存のUNIVERGE SV8500の資産を有効に活用してUNIVERGE SV9500へマイグレーションすることが可能。投資的にも環境的にもムダのない段階的なシステム強化を実現します。

  • i-Netfusingにより既設システムとあたかも一つのシステムのように機能させることが可能
  • 既設のCCIS over IPネットワークに追加接続することが可能

省スペース・省電力

UNIVERGE SV9500は環境への負荷を軽減する「人と環境にやさしい」システムを目指した製品です。ラックスペースの削減やパワーセーブモードにより、消費電力やCO2の排出削減に貢献します。

  • PIR(従来回線収容ユニット)のラック搭載サイズを大幅削減
  • タイムスケジュールによるデジタル多機能電話機への給電停止
  • SIPマルチライン電話機では節電モードにより消費電力を削減

ページの先頭へ戻る