ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. UNIVERGE SV8500
ここから本文です。

UNIVERGE SV8500

ユニファイドコミュニケーション®でグローバルに拡大する企業戦略を支援する最先端サーバ「UNIVERGE SV8500」。

UNIVERGE SV8500

企業の競争力強化のためには、円滑でフラストレーションを感じさせない、しかも安心・安全で信頼性の高いコミュニケーションを実現する通信インフラの存在は必須の条件です。通信とIT、各種メディアの融合、さまざまな業務・業種アプリケーションとの連携で生まれる「ユニファイド・コミュニケーション®」が、業務の効率化と生産性の向上をもたらします。
「UNIVERGE SV8500」は、このような環境のコアとなるコミュニケーションサーバ。
NECが培ってきた高度なテクノロジーと豊富なソリューションの提供実績により、最先端のコミュニケーション環境を実現し、成長するビジネスに確かな基盤を提供します。

高い信頼性とパフォーマンス、安心のセキュリティ。 先端技術が柔軟で高度なコミュニケーションの統合インフラを実現。

IPネットワーク モビリティ コラボレーション 保守・運用管理 業種ソリューション ユニバーサルデザイン

すぐれた信頼性や冗長性

ハードウェア、システム全体、さらに運用まで
通信とITの両分野で確かな実績を誇るNECの先端テクノロジーから生まれた「UNIVERGE SV8500」は、ハードディスクレスにより駆動部分をなくすことで障害発生率を低減(ピュアIPシングル構成でMTBF6年以上)、CPUなどのモジュールをすべてカード化して運用中に交換可能、さらに二重化構成時はCPU間で高速なデータ送受を図り、呼状態を維持しながら10秒以下での系切替を可能にするなど、すぐれた運用性を実現。
また、SR-MGC機能*1やロケーションダイバーシティ機能*2により、WANやサーバ障害時においても拠点内通信を確保するほか、通話中に障害が発生しても各端末はRTPを受信する限りは通話呼を維持するなど、IPセントレックスシステム運用においても、高い信頼性を実現します。

  • 1 ローカル拠点内バックアップサーバにより障害時、拠点内通信の救済を行います。
  • 2 IPセントレックスシステムにおけるセンター間のサーババックアップ機能。

柔軟なハイブリッド構成

ピュアIPシステムから、従来内線/回線システムまで

構成図

UNIVERGE SV8500は、IPですべてのシステムを構成するピュアIPシステムをはじめ、従来内線や従来回線のみを活用したシステム構成*3も可能。
加えて、NECの独自技術「i-Netfusing」によって最大192,000回線まで拡張可能です。

  • 3 PIR(従来回線収容ユニット)により収容。PIRは1サーバにMAX4台まで収容可能、さらにTSWR(PIR拡張ユニット)によりMAX16台まで収容可能。

マイグレーション

既存資産を活かし、段階的にシステム強化

構成図

現在利用しているフルIP対応コミュニケーションサーバUNIVERGE APEX7600iやSIP対応テレフォニーサーバUNIVERGE SV7000を有効に活用し UNIVERGE SV8500 へとマイグレーションすることが可能。
既存の機能を継承し、さまざまな資産の有効活用を図りながら*4、投資的にも、環境的にもムダのない段階的なシステム強化を実現します。

  • 4 保守停止前のものに限ります。
  • 5 ファームウェアバージョンアップを伴う場合があります。

セキュリティ強化

安心で安全な音声コミュニケーション

構成図

■シンクライアント環境でソフトフォン活用
NECのソフトフォン*6は、シンクライアント*7システムにおいても動作可能。強固なセキュリティ環境化で、ソフトフォンが有効に活用できます。

  • 6 DtermSP30、UNIVERGE Soft Client SP350の両方対応しています。
  • 7 シンクライアントシステムによって、対応可否があります。

構成図

■RTP暗号化による安全な音声パケット通信
UNIVERGE SV8500では、VoIPシステムにおける音声パケットの暗号化通信が可能*8。盗聴などの危険性を排除したセキュアなシステム構成が可能です。

  • 8 IPコンポーネントによっては暗号化非対応のものがあります。

環境への配慮

環境負担を軽減

UNIVERGE SV8500 は、環境への負荷を軽減する「人と環境にやさしい」システムを目指した製品です。有害物質の使用を制限すると共に、部品の集約/実装密度の向上により、従来機器SV7000 と比較して、制御部(CPU)の部品総数を大幅削減しました。これにより、運用時の消費電力を削減するとともに、廃棄する際にも廃棄物量の軽減(リデュース・Reduce)を実現。積極的な取り組みによって、環境問題に貢献します。

  • 「ユニファイドコミュニケーション」「UnifiedCommunication」はNECの登録商標です。
  • Microsoft、Windows、Excel、Outlook、SharePointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • 「onefone」「FOMA」は株式会社 NTTドコモの商標または登録商標です。
  • サイボウズはサイボウズ株式会社の登録商標です。
  • その他の社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る