ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. UNIVERGE SV8300
  5. Businessソリューション
ここから本文です。

Businessソリューション

デスクで、移動先で。コミュニケーションのスピードを高め、ビジネスの生産性をアップします。

電話、ビデオ会議、インスタントメッセージ、ボイスメールや電子メール。さまざまなツールの連携とプレゼンス管理によって、いつでも効率的なコミュニケーションが図れます。

モバイル端末活用のソリューション

いつでも、どこでもすばやいコミュニケーション
「UNIVERGE SV8300」は、無線IP端末/PHS端末を利用して、いつでもどこでもコミュニケーション可能な機動性の高いモバイル環境を実現します。自オフィスのみならず、IPネットワークを利用して各拠点に無線LANアクセスポイント/PHS基地局を設置することで、内線番号はそのままに出張先でも同じ無線IP端末/PHS端末を利用することも可能です。また、携帯電話とオフィス内の多機能電話機を連携させるモバイルアクセス機能を利用することで、外出先でも内線番号で連絡を取ることが可能となり、社員間のコミュニケーションをよりスムーズに行えます。

モバイル端末活用のソリューション

多彩なコミュニケーションメディアの統合

UNIVERGE Soft Client SP350

UNIVERGE Soft Client SP350は、これまでのソフトフォン機能を超えたオフィスコミュニケーションツール。単なる通話(電話)だけでなく画像データを活用した会議、情報共有、チャット、プレゼンス連携などの機能を高め、業務の効率化とワークスタイルの改革を実現します。さらに、新音声処理技術による最良の音声品質を提供。多様なアプリケーションとの連携を実現するAPI(アプリケーションインタフェース)も充実しています。もちろん、Microsoft®製品をはじめ、他のアプリケーションとのスムーズな融合も実現します。

  • MCU:Multipoint Control Unit(多地点接続装置)

FMCソリューション

多機能電話機/モバイル連携により業務の効率化を実現
多機能電話機とモバイル端末を同時に鳴動させることで、在席時には多機能電話機で応答して通話の他にも内線機能を活用し、外出時にはモバイル端末で応答・通話するなど、多機能電話機の機能性、モバイル端末の利便性を合わせた運用が可能となります(デュアルリンギング機能)。また、外出時にモバイル端末で応答できない場合にもVoiceMail を一元管理することで、どちら宛のメッセージも受け取ることが可能となり、重要な用件を逃しません。

多機能電話機/モバイル連携により業務の効率化を実現

  • 各キャリアのFMCサービスへの機能提供可否については、弊社営業までお問合せください。

携帯電話からの内線サービス利用
モバイルアクセス内線*1と携帯電話を一対一で連携(モバイルアクセス連携)*1させて、外出先や事務所内、場所を選ばずに携帯電話を内線*2 のように使用できます。

携帯電話からの内線サービス利用

  • 1:モバイルアクセスは、「UNIVERGE SV8300」の内線(モバイルアクセス内線)と、携帯電話(090/080等から始まる電話番号の携帯電話、またはFMCサービスを契約している携帯電話)を認証し、一対一で連携(モバイルアクセス連携)させて、外出先などで携帯電話を内線のように使用する機能です。
  • 2:フッキング・保留/転送操作、内線サービス起動 ( コールピックアップ、短縮ダイヤル ほか)

アプリケーション連携による操作性の向上

UNIVERGE OW5000

UNIVERGE OW5000は、「UNIVERGE SV8300」と連携するアプリケーションを容易に開発することができるコラボレーションミドルウェアです。既設の自社システムや市販のアプリケーションとも親和性が高く、簡単に連携システムをご提供します。

発信サービス

社内電子電話帳とUNIVERGE OW5000を連携させることにより、PC上から、社内電子電話帳に記載されている電話番号をクリックするだけで、自動発信が行えます。

これにより、社内の電子電話帳の資産を活用しながら、IP電話との融合が図れます。

電話状態通知API*1

電話状態通知API

電話状態(発信・着信・応答・復旧)を通知するSOAP*2 APIを提供します。発信者番号などの着信情報を元に、ポップアップするアプリケーションなどを簡単に作成することができます。

  • 1 API: Application Programming Interface(アプリケーションプログラミングインタフェース)
  • 2 SOAP: Simple Object Access Protocol

ダイヤル・アシスタント

ダイヤル・アシスタントを利用することで、PCの画面上にある電話番号を、クリックしたり、ドラッグ&ドロップするだけで、簡単に電話発信することが可能です。 なお、calltoタグをサポートしていますので、サイボウズ®などのグループウェアなどからも、クリック発信が可能です。

  • 本アプリケーションを利用するには、UNIVERGE OW5000 が必要となります。

ダイヤルアシスタント

簡単操作の内蔵型ボイスメールシステム

UNIVERGE UM8000

UNIVERGE UM8000は、「UNIVERGE SV8300」に実装可能な内蔵型のユニファイドメッセージングシステムです。お客様との通話内容を丸ごと録音したり、通話中に必要な部分だけを録音し、不在者にメッセージ投函が可能です。個人の留守番電話や一度の操作で複数のメールボックスにメッセージを送る同報サービスなど、電話によるビジネスコミュニケーションの効率化が可能です。また、電子メールやFAX とも連携することが可能で、顧客満足度の向上に繋がります。システムに1 つ収容するだけで、すべてのユーザが利用できる大容量設計で、組織全体の業務効果もアップします。

統合メールシステム

電話応対業務を効率化するオールインワンアプリケーション

UNIVERGE Business ConneCT

UNIVERGE Business ConneCTは、一般オフィスからコンタクトセンターまで電話応対に関するさまざまな機能を取り揃えたオールインワンアプリケーションです。応対者の負担を軽減し、システムの管理や設定も簡単に行うことができ、さらにユニファイドコミュニケーション® により、社員間のスムーズで的確な情報交換を実現します。

UNIVERGE Business ConneCT

  • 1 IVR: Interactive Voice Response(音声応答装置)
  • 2 API: Application Programming Interface(アプリケーションプログラミングインタフェース)

ページの先頭へ戻る