ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. ソリューション
  5. スマートデバイス活用
  6. UNIVERGE スマートフォン連携ソリューション
  7. 特長
ここから本文です。

UNIVERGE スマートフォン連携ソリューション

特長

スマートフォンを内線に使える

UNIVERGE ST400シリーズ

スマートフォンを内線収容するためのアプリケーション「UNIVERGE ST400シリーズ」をご用意しています。
(iOSおよびAndroidにそれぞれ対応)内線通話だけでなく、SIPサーバが持つ内線機能(保留・転送・コールパーク・コールピックアップ)及びインスタントメッセージ(IM)が利用可能です。

UNIVERGE ST400シリーズ

社外からどこでも内線が使える

パケット定額サービスを利用して、UNIVERGE ST400シリーズでインターネットへアクセスすれば、通話料金を気にせず、社外のどこからでも内線通話が可能となります。
Wi‐Fi、3G/LTEパケット回線などインターネットにつながる環境であれば、海外とでも内線番号で連絡をとることができます。
クラウド型サービスである“UNIVERGE どこでも内線サービス”も提供しております。

スマートフォンで看護業務負担軽減

UNIVERGE HC1000

離床センサーや各種生体モニタと連動することで、患者さまが予期せぬ行動をした場合に、自動的にスマートフォンで確認が可能です。

ログイン認証機能によりスマートフォンには、患者情報や着信履歴を残しません。
かつ、電池切れや故障時も代替端末で業務を継続できます。

注)本ソリューションを構成する各製品は、医療機器ではありません。

お客様のビジネスに最適なセキュリティをご提案します。

スマートフォンをビジネスに活用するために必須のセキュリティ対策。
NECは豊富な経験と実績に基づいて詳しいコンサルティングを行うことにより、お客様のビジネスに最適なセキュリティポリシーをご提案し、安心・安全なスマートフォンの利用環境を構築します。

スマートフォンの「シンクライアント化」を実現

スマートフォンから社内の業務システムにアクセスしたり、PCのメールを閲覧しても、スマートフォンにはデータを残さず、シンクライアント端末のような状態で利用することができます。
万が一紛失してしまっても情報漏えい事故の起こりにくい環境で、安心してスマートフォンを利用することができます。

VPNによるセキュアなアクセス

社内の業務システムやメールへのアクセスはVPN接続で行います。
認証や暗号化によりデータが保護されるので、盗聴などのリスクが少ない高いセキュリティを実現します。
また、利用できるアプリケーションに制限がないので、普段利用している使い慣れたインターフェースをそのまま利用できます。

クライアント証明書による認証強化

各種アクセス装置との接続認証にクライアント証明書を使うことで認証を強化し、セキュリティを高めるソリューションをご用意しています。
特に厳重なセキュリティ管理が必要な業務でも、安全にスマートフォンをご利用いただける環境を提供することが可能です。

紛失・盗難の場合も安心の対策をご用意

スマートフォンを紛失してしまった、あるいは盗難にあったなどの場合でも、MDM(Mobile Device Management)を利用することで、遠隔操作によって端末をロックし、データの消去・端末の初期化を行うことができます。
また、カメラ機能やSDカードの利用など、不要な機能やアプリケーションの使用を制限したり、ウィルス・マルウェア対策のためのアンチウィルス機能を利用することも可能です。
月額料金により、適正なコストで利用することが可能です。

一方、MDMではプライバシー問題の壁があり、BYODの導入に踏み切れない企業が多く見受けられます。
それを解決するのがMAM(Mobile Application Management)です。
内線通話時には端末内部の電話帳ではなく、サーバにある電話帳を使い、発着信履歴もサーバに格納することができるので、個人所有端末の使い勝手を損なわずにセキュリティ確保ができます。
MAMを利用することにより、BYOD導入の促進をサポートします。

紛失・盗難の場合も安心の対策をご用意

ページの先頭へ戻る