ページの先頭です。

サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

うるう秒挿入に伴う NTPの動作モード(slewモード)の変更手順書

~ UNIVERGE PF6800 Ver.3.0 以降 Ver.5.1 未満 ~

本手順書は、UNIVERGE PF6800 Ver.3.0 以降 Ver.5.1 未満を対象としています。


<手順概略>
1. kernelのバージョンを確認する。
2. ntpd が起動しているかを確認する。
3. /etc/sysconfig/ntpd を編集する。
4. ntpd を再起動する。


<手順詳細説明>

【うるう秒問題を含むカーネルかどうかの確認手順】

1. kernel のバージョンを確認します。下記コマンドを実行してください。
---------------------------------------------------------------------
# uname -r
2.6.32-131.12.1.el6.x86_64
---------------------------------------------------------------------
※2.6.32-358.el6.x86_64 のカーネルより古いバージョンのカーネルの場合、
うるう秒の問題を回避するため、下記のntp 設定を行なってください。


【ntp 設定手順】※本手順では、クラスタの停止、再起動は不要です。

1. ntpd が起動しているかを確認します。下記コマンドを実行してください。
---------------------------------------------------------------------
# service ntpd status
ntpd (pid 22955) is running...
---------------------------------------------------------------------


2. ntpd のサービス起動設定を確認します。
---------------------------------------------------------------------
# chkconfig --list ntpd
ntpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
---------------------------------------------------------------------


3. /etc/sysconfig/ntpd を編集します。
エディタで"/etc/sysconfig/ntpd"を開き、OPTIONS に "-x" を追加します。

[編集前]
------------------------------------------------
# Drop root to id 'ntp:ntp' by default.
OPTIONS="-u ntp:ntp -p /var/run/ntpd.pid -g"
------------------------------------------------

[編集後]
------------------------------------------------
# Drop root to id 'ntp:ntp' by default.
OPTIONS="-x -u ntp:ntp -p /var/run/ntpd.pid -g"
------------------------------------------------


4. 設定を反映するためntpd を再起動します。下記コマンドを実行してください。
ntpd が起動している場合(手順 1 で "runnnig"と表示された場合)、本手順を行ってください。
---------------------------------------------------------------------
# service ntpd restart
Shutting down ntpd: [ OK ]
Starting ntpd: [ OK ]
---------------------------------------------------------------------


以上で、ntpd の設定は完了です。

ページの先頭へ戻る