ページの先頭です。

サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

うるう秒挿入に伴う NTPの動作モード(slewモード)の変更手順書

~ UNIVERGE PF6800 Ver.3.0未満 ~

本手順書は、UNIVERGE PF6800 Ver.3.0 未満を対象としています。


<手順概略>
1. ntp が起動しているかを確認する。
2. ntp のサービス起動設定を確認する。
3. /etc/sysconfig/ntp を編集する。
4. ntp を再起動する。



<手順詳細説明>

【ntp 設定手順】※本手順では、クラスタの停止、再起動は不要です。

1. ntp が起動しているかを確認します。下記コマンドを実行してください。
------------------------------------------------------------------------------
# rcntp status
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
*LOCAL(0) .LOCL. 10 1 19 64 377 0.000 0.000 0.001
Checking for network time protocol daemon (NTPD): running
------------------------------------------------------------------------------


2. ntp のサービス起動設定を確認します。
-------------------------------------------------------------------------
# chkconfig --list ntp
ntp 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off
-------------------------------------------------------------------------


3. /etc/sysconfig/ntp を編集します。
エディタで"/etc/sysconfig/ntp"を開き、NTPD_OPTIONS に "-x" を追加します。

[編集前]
------------------------------------------------
NTPD_OPTIONS="-g -u ntp:ntp"
------------------------------------------------

[編集後]
------------------------------------------------
NTPD_OPTIONS="-x -g -u ntp:ntp"
------------------------------------------------


4. 設定を反映するためntp を再起動します。下記コマンドを実行してください。
ntp が起動している場合(手順 1 で "runnnig"と表示された場合)、本手順を行ってください。
-------------------------------------------------------------------------
# rcntp restart
Shutting down network time protocol daemon (NTPD) done
Starting network time protocol daemon (NTPD) done
-------------------------------------------------------------------------


以上で、ntp の設定は完了です。

ページの先頭へ戻る