ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. SDN対応製品 UNIVERGE PFシリーズ
  4. 製品概要
  5. メリット
ここから本文です。

SDN対応製品 UNIVERGE PFシリーズ

メリット

柔軟な経路制御

コントローラによる通信経路制御機能により、自動的に最適な経路を選択可能。また、手動で経路を迂回させることで、柔軟に機器のメンテナンスを実施できます。
パケットロスを発生させずに経路を迂回させることで、スイッチへのファームウェア適用などのメンテナンスを安全に実施可能です。

柔軟な経路制御により安全で効率的なメンテナンスが可能

柔軟なネットワークスケールアウトを可能として初期コストを抑制

従来のネットワークでは、将来の負荷増大に備えたコアスイッチのリソースを導入の段階から用意しておく必要があり、初期費用の増大という問題を抱えていました。
ProgrammableFlowでは、複数のスイッチを仮想的な1台のスイッチとして扱うことができるため、随時のスケールアウトが可能。スモールスタートから帯域需要の増大にあわせてネットワークを柔軟に拡張できます。

スモールスタートによる初期費用の削減とスケールアウトによる柔軟な拡張性を両立

UNIVERGE PFシリーズの導入効果: コスト大幅削減の事実例

グラフ: UNIVERGE PFシリーズの導入により削減されるコスト

プライベートクラウド化推進の一環としてUNIVERGE PFシリーズを導入。シンプルな機器構成が可能になったことで、設置スペースや消費電力などハウジング費用の70%~80%が削減されました。また、障害発生時の切り替わり時間も1秒以下と通信への影響が極小化。さらに設定変更も簡単になったことで、運用コストも大幅に削減されました。

ページの先頭へ戻る