ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. SDN対応製品 UNIVERGE PFシリーズ
  4. 製品概要
  5. 特長
ここから本文です。

SDN対応製品 UNIVERGE PFシリーズ

特長

シンプル化  ~ コントローラの集中制御によるリソースプール化の実現

コントローラによる通信経路制御の集中管理により、従来のようなデータの流れの中にネットワークアプライアンスを組み込むようなサイロ型のネットワーク構成は不要。リソースをプール化することで、物理環境にとらわれないシンプルなネットワークを実現します。 また、このようなシンプルなネットワーク上でフローを柔軟に制御できることから、特定のフローだけをアプライアンスプール経由で通信させることも可能。実際の需要に併せた柔軟なリソース配置を実現します。

柔軟なネットワークスケールアウトを可能として初期コストを抑制

仮想化  ~ Software-Defined Networking (SDN) が実現するマルチテナント環境

物理構成情報をコントローラが集約し、複数のスイッチを1台の大きな仮想的なスイッチとして管理可能。SDNのコンセプトを採用したネットワーク定義により、個々に独立した論理的なトポロジー(仮想テナントネットワーク:VTN)を組むことができ、このVTN上に物理トポロジーの中から必要な機器を マッピングすることで、物理構成を意識しない仮想ネットワークを実現します。
このように、物理環境と整合性のとれた複数の仮想ネットワークを容易に構築できることから、シンプルかつ安全性の高いマルチテナント環境構築を可能とします。

柔軟なネットワークスケールアウトを可能として初期コストを抑制

可視化  ~ 障害を早期解決

通信経路を可視化することで、通信異常や遅延の発生などの品質低下を検出でき、運用管理者の負担を軽減します。
ProgrammableFlowでは、データの流れをGUI上で確認することが可能なので、統計情報を視覚的に把握し、問題点の早期検出を実現します。

柔軟なネットワークスケールアウトを可能として初期コストを抑制

ページの先頭へ戻る