ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. FAQ
  6. 仮想ルータ機能(VRF-Lite)
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ FAQ

仮想ルータ機能(VRF-Lite)に関するFAQ

Q.1-1 仮想ルータ機能(VRF-Lite)とは何ですか?

仮想ルータ機能(VRF-Lite)は、1台のルータ上で複数の仮想ルータを利用できる機能です。

  • 各仮想ルータは、独立したルーティングテーブルやフィルタリングポリシーを保持できるため、トラフィックの完全な分離が可能です。
  • 仮想ルータ毎にそれぞれ独立したネットワークを構築できます。1台のルータで、複数のネットワークを収容可能であり、ネットワーク間のIPアドレス重複も許容されるため、企業合併時のネットワーク統合などに役立ちます。

Q.1-2 VRF-Lite機能を利用できる機種・バージョンを教えてください。

本機能は、ver.9.5以降のソフトウェアが利用可能な機種でご利用いただけます。

・対応機種:IX2105、IX2207、IX2215、IX3110、IX3315など。

Q.1-3 装置1台に最大何個の仮想ルータを作れますか?

IXシリーズ全機種共通で、最大32個の仮想ルータを動作させることができます。

Q.1-4 仮想ルータで利用可能な機能を教えてください。

IXシリーズのVRF-Lite機能には、従来IXシリーズがサポートしているルータ機能(ベースルータと呼びます)と比較して、未サポートの機能が複数存在します。

そのため、VRF-Lite機能をご利用の際は、必ず事前に「機能説明書」の「VRF-Liteの設定」の章を参照し、仮想ルータで目的の機能が利用可能かどうか、確認を行ってください。

ページの先頭へ戻る