ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. FAQ
  6. データコネクト
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ FAQ

データコネクト(NGNオンデマンドVPN機能)に関するFAQ

FAQ一覧に戻る

Q.1-1 「NGNオンデマンドVPN機能」とは何ですか?

「NGNオンデマンドVPN機能」とは、NTT東日本・NTT西日本が提供する帯域確保型データ通信サービス「データコネクト」を利用して、オンデマンドのVPN環境を構築する機能です。

「データコネクト」は、03等の市外局番から始まる電話番号を利用して、セキュアで安定したデータ通信を実現するサービスであり、ひかり電話契約を行っているNGN回線(フレッツ 光ネクストなど)を使用します。

Q.1-2 「NGNオンデマンドVPN機能」に対応している機種を教えてください。

「NGNオンデマンドVPN機能」には以下の機種が対応しています。

  • IX2105(ver.8.6以降)
  • IX2207
  • IX2215
  • IX3015
  • IX3110(ver.8.6以降)
  • IX3315

Q.1-3 データコネクトサービスとの接続に使用するインタフェースは何ですか?

LANインタフェースを使用して接続を行います(ポート番号は問いません)。

Q.1-4 1本のフレッツ 光ネクスト回線を使用して、PPPoE接続(ISP接続、フレッツVPN接続)とデータコネクト接続を同時に行うことは可能ですか?

可能です。

Q.1-5 同時に複数のデータコネクトサービスと接続できますか?

できません。1装置あたり接続可能なデータコネクトサービスは1サービスのみです。

Q.1-6 「NGNオンデマンドVPN機能」を利用可能なソフトウェアバージョンを教えてください。

ソフトウェアバージョン「ver.8.6」以降で利用可能です。

現在お使いの装置が「ver.8.5」以前の場合でも、ソフトウェアを「ver.8.6」以降へバージョンアップすることにより本機能をご利用いただけます。

Q.1-7 同時に何対地と通信できますか? また、接続相手を幾つまで設定できますか?

機種毎の同時接続数と設定可能数の最大値は以下の通りです。

装置名 同時接続数 設定可能数
IX2105 16 16
IX2207 16 16
IX2215 32 100
IX3015 24 100
IX3110 200 1,000
IX3315 300 5,000

■注意事項

  • 本仕様値はver.9.4以降の値です。ver.9.3以前のソフトウェアをご使用の場合、「機能説明書」にて仕様値を確認してください。
  • 「NGNオンデマンドVPN機能」はIPsec機能を使用するため、IPsec対地数にも注意が必要です。各機種毎のIPsec対地数は「IPsec/IKEに関するFAQ:Q.1-2」をご確認ください。
  • 「NGNオンデマンドVPN機能」は接続先毎に帯域制御(シェーピング)を行いますので、シェーピング対地数にも注意が必要です。各機種毎のシェーピング対地数は「QoSに関するFAQ:Q1-5」をご確認ください。

Q.1-8 「NGNオンデマンドVPN機能」を利用するための契約条件を教えてください。

「NGNオンデマンドVPN機能」を利用するために必要な回線契約は以下の通りです。

  • NGN回線(フレッツ 光ネクストなど)
  • ひかり電話(※1)
  • ナンバー・ディスプレイ(※2)
  • 発信電話番号通知
  • 接続対地数分のチャネル契約

  • (※1)「ひかり電話ナンバーゲート」は「IX3110」、「IX3315」のみ利用可能です。
  • (※2)着信側の回線に必要な契約です。例えば、拠点側を発信専用、センタ側を着信専用でご利用の場合、ナンバー・ディスプレイの契約はセンタ側のみ必要で、拠点側は契約不要です。

Q.1-9 「NGNオンデマンドVPN機能」を利用するために必要な設定を教えてください。

「NGNオンデマンドVPN機能」を利用して拠点間通信を行うには、IPsecやQoSなどのいくつかの機能を組み合わせて使用する必要があります。

具体的な設定方法については、「設定事例集」や「サンプルコンフィグ作成ツール(データコネクトによる拠点間接続の設定例)」をご参照ください。

Q.1-10 「ISDN機能」と「NGNオンデマンドVPN機能」の併用は可能ですか?

可能です。

Q.1-11 UNIVERGE IXシリーズで「NGNオンデマンドVPN機能」を利用する際に制限事項はありますか?

UNIVERGE IXシリーズでは、以下の構成・機能はサポートしておりません。

  • IXルータ以外の装置との接続
  • データコネクトサービスのIPv6対応
  • 複数回線でのデータコネクトサービスの利用
  • 追加番号による発信(※)

ご利用のソフトウェアがver.8.6の場合は、さらに以下の制限事項がございます。

  • ひかり電話ナンバーゲート対応
  • オフィスゲートウェイや複数機器集約アダプタ配下での接続

  • オフィスゲートウェイや複数機器集約アダプタ配下に2台以上のIXルータを接続し、2台目以降のIXルータには追加番号で発着信させる構成は可能です。

Q.1-12 データコネクトサービスの発着信履歴を確認するコマンドを教えてください。

以下のコマンドを使用します。

Router(config)# show ngn history [detail]

■表示例

  1. Tunnel1.0を使用した「自局電話番号」から「相手電話番号」への発信(out)であることを示す。
  2. 接続成功
  3. 接続失敗
  4. 接続中

Router1(config)# show ngn history
NGN history - showing all of 3 recorded (1 to 3), max 100 records

2011/05/11 16:50:14, Tunnel1.0, out, 1234567890 > 0123456789 (1)
  Used time 0:00:20, idle time 0:02:00/0:02:00, status success (2)
2011/05/11 17:00:25, Tunnel2.0, out, 1234567890 > 2345678901
  Used time 0:00:00, idle time 0:00:00/0:02:00, status failure (3)
2011/05/11 17:01:08, Tunnel1.0, out, 1234567890 > 0123456789
  Used time 0:00:02, idle time 0:00:02/0:02:00, status active (4)

Q.1-13 現状アクティブな接続を表示するコマンドを教えてください。

以下のコマンドを使用します。

Router(config)# show ngn active [detail]

Q.1-14 接続先管理にRADIUSサーバを利用することはできますか?

ver.9.5以降のソフトウェアで対応しています。

IXルータでデータコネクトの着信を受けた時に、RADIUSサーバに発信元の電話番号認証を要求し、認証成功時にRADIUSサーバから鍵情報(IPsec用)と経路情報を取得することで、データコネクト接続を実現できます。

RADIUSサーバを使用することにより、IXルータ側の設定を簡易化し、また、発着信履歴をRADIUSサーバ側に記録することが可能です。

ページの先頭へ戻る