ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. FAQ
  6. IX3110
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ FAQ

IX3110に関するFAQ

Q.1-1 「IX3110」の特長は何ですか?

  • ギガビットイーサネット対応のセンタ用高速アクセスルータ
    • 最大4本のギガビットイーサネット回線を収容可能な高性能アクセスルータです。オプションで光ギガビットイーサネット(1000BASE-SX/LX)にも対応しています。
  • ハイパフォーマンス
    • IPv4単純性能で最大2.6Gbps、IPsec(AES/SHA-1)性能で最大920Mbpsの転送性能を実現しています。 ※2015年3月 当社調べ
  • 大規模インターネットVPNを構築可能
    • VPN対地数は「IX3010」の2倍の1,024対地まで対応しています。
  • 電源二重化に対応
    • 内蔵型の電源モジュール(冗長AC電源キット)の追加により、電源の二重化が可能です。

Q.1-2 「IX3015」と「IX3110」の違いは何ですか?

  • 「IX3015」は拡張スロットを2つ備えており、「T1カード」もしくは「4BRI-STカード」の接続が可能です。
    BRIを最大8回線、PRIを最大2回線接続できますので、ISDNの集線ルータとしても最適です。
  • 「IX3110」は、ギガビットイーサネット回線に接続するルータとして最適な製品です。4個のギガビットイーサネットポートは、オプションで光回線接続用ポート(1000BASE-SXもしくは1000BASE-LX)として使用することも可能です。IPsecの最大転送性能は940Mbps、トンネル数も1,024対地までカバーしており、VPNのセンター側ルータとして最適です。

主な違い

  IX3015 IX3110
IPv4ルーティング性能 最大200Mbps
最大2.6Gbps
IPv4経路数 8,192 20,000
IPsec性能(AES/SHA1) 最大200Mbps 最大920Mbps
IPsecトンネル数 512 1,024

Q.1-3 スループットを教えてください。

性能情報」のページに、主な機能利用時の性能を公開しています。

Q.1-4 VPN(IPsecトンネル)の対地数は?

1,024対地です。

ただし、トンネル種別が「IPv6 over IPv4」、「IPv6 over IPv6」、「IPv6 over GRE」の場合は256対地です。

Q.1-5 「冗長AC電源キット」は、「IX3015」と「IX3110」共通で使用できますか?

「IX3015」と「IX3110」共通で使用可能です。

Q.1-6 「IX3110」に拡張インタフェースカード(IUカード)を実装できますか?

「IX3110」はIUカードを装着するためのスロットを実装していないため、使用できません。

Q.1-7 オプションの「SFPモジュール」は本装置の電源をOFFにすることなく挿抜できますか? (ホットスワップに対応しているか)

ホットスワップに対応しており、電源が入っている状態で挿抜することが可能です。

  • SFPモジュールを実装して運用後、そのSFPモジュールの実装位置を変更する場合や、SFPモジュールからEtherケーブルに入れ替えを行う場合には、設定ファイルとの整合性を十分に注意してください。

Q.1-8 「IX3110」のオプションソフトウェアは何ですか?

「UNIVERGE SV7000」対応のSIP-NAT機能、SIPフィルタ機能を使用する場合、別途「IX3000 SIP-NAT拡張ソフトウェアセット(※)」の手配が必要です。

なお、「IX3110」ではVRRP機能とIPsec高速処理機能を標準で使用可能であり、「IX3010」では必要だった「IX3000 機能拡張ソフトウェアセット」や「IX3000 IPsec高速化拡張ソフトウェアセット」の手配が不要です。

※「SIP-NAT拡張ソフトウェアセット」は、2010年2月26日をもちまして販売を終了しました。

Q.1-9 EtherポートとSFPポートは同時に使用できますか?また、動作はどのようになっていますか?

同時に使用することも可能ですが、EtherポートとSFPポートは排他利用になります。例えば、GE0 をEtherポートで使用する場合、GE0 のSFPポートは使用できなくなります。

SFPポートを使用する場合、デバイスの設定にてコネクタタイプを「sfp」に設定する必要があります。デフォルトではコネクタタイプは「rj45」に設定されています。

SFPポートを使用する場合

※例では、GE0 のコネクタタイプを「sfp」に設定しています。

Router# enable-config
Router(config)# device GigaEthernet0
Router(config-GigaEthernet0)# connector-type sfp
Router(config-GigaEthernet0)#

■Ethernetポートを使用する場合

※例では、GE3 のコネクタタイプを「rj45」に設定しています。

Router# enable-config
Router(config)# device GigaEthernet3
Router(config-GigaEthernet3)# connector-type rj45
Router(config-GigaEthernet3)#

Q.1-10 接続可能なインタフェースは何ですか?

10/100/1000BASE-T、1000BASE-SX(※)、1000BASE-LX(※)に対応しています。

※1000BASE-SX/LXを接続するには、オプションのSFPモジュールが必要です。

Q.1-11 「IX3110」はWeb-GUIに対応していますか?

ソフトウェアバージョン ver.8.2以降から、「IX3000シリーズ」はWeb-GUI機能に対応しています。

詳細は「Web-GUI機能のFAQ」をご参照ください。

ページの先頭へ戻る