ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. 技術情報/お知らせ
  6. サンプルコンフィグ作成ツール
  7. レイヤ2VPN(インターネット接続-片側動的IPアドレス)
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ サンプルコンフィグ作成ツール

4-2. レイヤ2VPN(インターネット接続-片側動的IPアドレス) 

概要

  • 2つの拠点の間にレイヤ2 VPNを構築し、暗号化通信をします。
  • 拠点1のWAN側はグローバルアドレス(固定IPアドレス)を設定します。
  • 拠点2のWAN側は自動でIPアドレスが設定されます-(動的IPアドレス)
  • 両拠点とも、WAN側:GE0    LAN側:GE2  のポートを使用します。

  • 本説明はGigaEthernet(GE) モデルのIX2215を例にしています。
    その他の機種をご利用の場合は以下の表を参考に各ポートを読み替えてください。

ポート対応表
  IX2215 IX2105 IX2025 IX2207
WAN GE0 GE0 FE0/0 GE0
LAN GE2 GE1 FE1/0 GE2

設定パラメータ

拠点1用の設定パラメータ

変更必須
〈ルータ選択〉
機種名 ご使用の機種を選択してください。    
〈ルータ管理者ユーザ登録〉
管理者ユーザ名 ルータを管理するユーザを登録します。ログインする際に必要になります。安全のため、できるだけ変更してください。
管理者パスワード ルータを管理するユーザのパスワードを登録します。ログインする際に必要になります。安全のため、必ず変更してください。    
〈WAN設定〉
WAN側ポートのIPアドレス(グローバル) グローバルアドレス(固定IPアドレス)を設定します。
プロバイダとの契約をご確認の上、正しく入力してください。
/32
〈LAN設定〉
LAN/BVI側ポートのIPアドレス 通常は特に変更する必要はありません。変更する場合は必ず拠点2と同じネットワークアドレスを設定してください。 /
〈インターネット接続設定〉
プロバイダ(ISP)接続のユーザ名 プロバイダから割り当てられるIDです。契約をご確認の上、正しく入力してください。    
プロバイダ(ISP)接続のパスワード プロバイダから割り当てられるパスワードです。契約をご確認の上、正しく入力してください。    
ネットワーク構成図に戻る

拠点2用の設定パラメータ

〈ルータシステム設定〉
機種名 ご使用の機種を選択してください。    
〈ルータ管理者ユーザ登録〉
管理者ユーザ名 ルータを管理するユーザを登録します。ログインする際に必要になります。安全のため、できるだけ変更してください。
管理者パスワード ルータを管理するユーザのパスワードを登録します。ログインする際に必要になります。安全のため、必ず変更してください。    
〈WAN設定〉
WAN側ポートのIPアドレス 動的IPアドレスのため、自動で設定されます。 自動設定
〈LAN設定〉
LAN/BVI側ポートのIPアドレス 通常は特に変更する必要はありません。変更する場合は必ず拠点1と同じネットワークアドレスを設定してください。 /
〈インターネット接続設定〉
プロバイダ(ISP)接続のユーザ名 プロバイダから割り当てられるIDです。契約をご確認の上、正しく入力してください。    
プロバイダ(ISP)接続のパスワード プロバイダから割り当てられるパスワードです。契約をご確認の上、正しく入力してください。    
〈インターネットVPN設定〉
拠点識別ID 拠点1が動的IPアドレスの拠点2を識別するIDです。任意の文字列を入力してください。    
ネットワーク構成図に戻る

共通パラメータ設定

〈暗号化設定-IPsec〉
事前共有鍵(パスワード) 2拠点間で共有するパスワードを設定します。安全のため、必ず変更してください。    


拠点1用サンプルコンフィグ

ネットワーク構成図に戻る

拠点2用サンプルコンフィグ

ネットワーク構成図に戻る

その他

注意

  • サンプルコンフィグは典型的な設定例を示したものであり、万全な動作を保証するものではありません。サンプルコンフィグが原因で発生した損害についてはいかなる責任も負いかねますのであらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る