ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. 技術情報/お知らせ
  6. 障害切り分けガイドライン
  7. 2章 QoSでの障害切り分け方法 事前確認
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ 障害切り分けガイドライン

2章 QoSでの障害切り分け方法

事前確認 QoSで使用するコマンド、QoSの確認コマンドの紹介

QoSを使用するときに利用するコマンドを紹介します。
確認したいコマンドを以下から選択ください。

QoSで使用するコマンド

本項では、設定を忘れやすいコマンドや設定をすることで利便性が向上するコマンドを注意点と併せて紹介します。

設定を忘れやすいコマンド

Router(config-GigaEthernet0.0)# service-policy enable

設定したインタフェースで優先制御や帯域制御を有効化する設定です。
マーキング・カラーリングのみ設定される場合、本設定は不要です。

■注意点

仮想インタフェース(Tunnel,BVI)には設定できません。
FastEthernet,GigaEthernetインタフェース以外に設定される場合は設定を反映させるために再起動が必要です。

Router(config)# ip ufs-cache enable

UFSキャッシュ機能を有効化する設定です。
QoSはUFSキャッシュによる高速化処理の対象となるため、QoSを利用される際は設定を行ってください。

Router(config)# clear policy-map interface

帯域制御/優先制御の初期化する設定です。
クラスマップやポリシーマップの変更を行った際には、本コマンドで変更を装置に反映させてください。

利便性が向上するコマンド

Router(config)# ip type-of-service [機能] [dscp/precedence/tos] [値]

IXルータ自身が生成するパケットにTOS値を付与する設定です。

Router(config-GigaEthernet0.0)# qos rate-accounting [計算方式]

シェーピングの計算に使用するフレームの範囲を変更する設定です。
本設定を使用することで計算方式をデフォルトの計算方式から変更できます。

  • デフォルト : EthernetヘッダからFCSまでの長さ
  • ethernet-overhead : フレーム間ギャップ(IFG)からFCSまでの長さ
  • layer-3 : Ethernetにおけるデータ(IPヘッダからペイロードまで)の長さ

ご利用のWANサービスに応じ、適切な方式を選択してください。
例えば、広域イーサネットサービス契約帯域が「IFG及びプリアンブルを含めた値」の場合はethernet-overheadの方式を選択します。

■注意点

インタフェースでブリッジを設定している場合は適用できません。(layer-3指定の場合)

← 目次へ | 事例1へ →

QoS確認コマンド

本項では、QoS動作状態や設定情報を確認する際に使用するコマンドを紹介します。
コマンドとしては以下の2つです。

1.動作状態の確認
Router(config)# show policy-map interface

2.設定情報の確認
Router(config)# show running-config

1.動作状態の確認

以下コマンドでQoSの動作状態を確認することが可能です。

Router(config)# show policy-map interface

表示により、QoSの動作状態が異なります。

(1) 何も表示されない(NG:QoSの設定が関連付いてない)
(2) 2行のみ表示される(NG:service-policy enable入力忘れ)
(3) 複数行表示される(OK:QoS動作中)

以下、(1)~(3)の表示例です

(1) 何も表示されない
Router(config)# show policy-map interface
Router(config)#←何も表示されない

(2) 2行のみ表示される
Router(config)# show policy-map interface
Interface GigaEthernet0.0
  Output policy-map outmap attached

  • マーキング・カラーリングのみ設定されている場合は、本表示(2行)だけで問題ありません。

(3) 複数行表示される
Router(config)# show policy-map interface
Device GigaEthernet0
  Device buffer 0 packets, 0 bytes, peak 1 packets, 1518 bytes
  Queued 9 packets, 10314 bytes, peak 38 packets, 55572 bytes
Interface GigaEthernet0.0
  Queued 9 packets, 10314 bytes, peak 38 packets, 55572 bytes
  Burst size 1377240 bytes for priority class
  Traffic shaping is active, activated 429617 times
    CIR 8 Kbps, Bc 8 bits, Be 8 bits, Tc 1 ms
    Current token -6120 bits
  Output policy-map outmap attached
    Class class-pq
      Bandwidth 10 percent, weight 512
      Queued 9 packets, 10314 bytes, peak 38 packets, 55572 bytes
      Queue low 9 packets, peak 38 packets
        Output 285 packets, 317482 bytes
          10 tail drops, 0 excess bandwidth, 0 buffer exhausted
        Local fragments 66 output 10 discarded
    Class class-local
      Bandwidth 10 percent, weight 512
      Queued 0 packets, 0 bytes, peak 0 packets, 0 bytes
    Class class-default
      Bandwidth 10 percent, weight 512
      Queued 0 packets, 0 bytes, peak 0 packets, 0 bytes

  • (1)、(2)の表示状態の場合は、設定を見直してください。

以下に「show policy-map interface」で表示される各カウンタの意味を説明します。

Router(config)# show policy-map interface
Device GigaEthernet0
  Device buffer 0 packets, 0 bytes, peak 1 packets, 1518 bytes
  Queued 9 packets, 10314 bytes, peak 38 packets, 55572 bytes(A)
Interface GigaEthernet0.0
  Queued 9 packets, 10314 bytes, peak 38 packets, 55572 bytes(A)
  Burst size 1377240 bytes for priority class
  Traffic shaping is active, activated 429617 times(B)
    CIR 8 Kbps, Bc 8 bits, Be 8 bits, Tc 1 ms(B)
    Current token -6120 bits
  Output policy-map outmap attached
    Class class-pq
      Bandwidth 10 percent, weight 512(C)
      Queued 9 packets, 10314 bytes, peak 38 packets, 55572 bytes(A)
      Queue low 9 packets, peak 38 packets(A)
        Output 285 packets, 317482 bytes(D)
          10 tail drops, 0 excess bandwidth, 0 buffer exhausted(D)
        Local fragments 66 output 10 discarded(D)
    Class class-local
      Bandwidth 10 percent, weight 512(C)
      Queued 0 packets, 0 bytes, peak 0 packets, 0 bytes(A)
    Class class-default
      Bandwidth 10 percent, weight 512(C)
      Queued 0 packets, 0 bytes, peak 0 packets, 0 bytes(A)

(A)キューの状態

デバイス、インタフェース、クラスマップ、PQの優先度毎に表示されます。
・Queued .. packets, .. bytes
 ⇒現在キューイングされている総パケット数/総パケットサイズ
・peak .. packets, .. bytes
 ⇒過去にキューイングされた最大パケット数/最大パケットサイズ

(B)シェーピングの動作状態

・Traffic shaping is active, activated .. times
 ⇒シェーピングが動作した回数
・CIR/Bc/Be/Tc
 ⇒シェーピングの設定値

(C)CBQで使用される最小予約帯域の設定、及び、重み

(D)統計情報

・Output .. packets, .. bytes
 ⇒累計送信パケット数/バイト数
・tail drops
 ⇒オーバーフローによる廃棄数
・excess bandwidth
 ⇒LLQで帯域を超えたため廃棄したパケット数
・buffer exhausted
 ⇒パケットバッファ枯渇による廃棄数
・Local fragments .. output .. discarded
 ⇒ルータ内でフラグメントしたパケットの送信数と廃棄数

2.設定情報の確認

以下のコマンドでQoSの設定情報を確認することができます。

Router(config)# show running-config

QoS設定を追加された場合には、本コマンドで設定内容の確認を行ってください。

ip ufs-cache enable(1)
ip access-list pq permit ip src 192.168.0.1/32 dest any(2)
!
class-map match-all class-set  ======(3)
  match ip access-list pq nomal  ↓
!
class-map match-any class-pq
  match qos-group 1 high         ↑
  match any low                ======(3)
!
policy-map inmap       ======(4)
  class class-set        ↓
    set qos-group 1
  class class-local
  class class-default
!
policy-map outmap
  class class-pq
  class class-local      ↑
  class class-default  ======(4)
!
interface GigaEthernet0.0      ======(5)
  service-policy enable          ↓
  service-policy output outmap
  traffic-shape rate 1000000
!
interface GigaEthernet1.0        ↑
  service-policy input inmap  ======(5)

← 目次へ | 事例1へ →

ページの先頭へ戻る