ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. 技術情報/お知らせ
  6. 障害切り分けガイドライン
  7. 1章 インターネットVPNでの障害切り分け方法 事例1
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ 障害切り分けガイドライン

1章 インターネットVPNでの障害切り分け方法

事例1 PPPoE回線に接続できない、もしくは、接続が不安定

PPPoE接続が正常にできているかを調査します。
現在の状態を以下から選択してください。

機器導入時 (一度も接続できていない)

確認ポイントに沿って確認を行います。

確認ポイント

  1. インタフェースがUPしているか
  2. PPPoE接続が成功しているか
  3. PPPの認証に成功しているか
  4. IPアドレスを正しく取得できているか

確認ポイント1 インタフェースがUPしているか

■インタフェースの状態を確認するコマンド
Router(config)# show interfaces GigaEthernet0.1

インタフェースの状態が「down」と表示されている場合、インタフェースが「up」していません。ケーブルの接続に問題がないか確認してください。「administratively down」と表示されている場合は、インタフェースが無効です。no shutdownを設定してください。

インタフェースがUPしているかどうかは装置前面のリンクランプでも確認できます。

リンクランプの点灯例(IX2105の場合)

Router(config)# show interfaces GigaEthernet0.1
Interface GigaEthernet0.1 is ★down
  Fundamental MTU is 1492 octets
  Current bandwidth 1G b/s, QoS is disabled
  Datalink header cache type is none: 0/0 (standby/dynamic)
  IPv4 subsystem disconnected, physical layer is down, 0:04:21

確認ポイント2 PPPoE接続が成功しているか

■PPPoEの状態を確認するコマンド
Router(config)# show pppoe status

PADIのカウンタだけが増加している場合、PPPoE接続要求に対しての応答がありません。
回線終端装置(ONUなど)も含めて、PPPoE回線のケーブル接続状態に問題は無いか確認してください。
ケーブル接続状態に問題が無い場合は、網側の障害の可能性がありますので、サービス事業者にお問い合わせください。

Router(config)# show pppoe status
Interface GigaEthernet0.1 is up
  Control status:
    State is closed
    Previous state is PAD offer wait
    Time since change 8 seconds
    Host unique tag: 00ac8e48
  Statistics:
    ★PADI: 4 outputs, 4 retries
    PADO: 0 inputs
    PADR: 0 outputs, 0 retries
    PADS: 0 inputs
    PADT: 0 inputs, 0 outputs, 0 timeouts
    0 input discards, 0 output discards

確認ポイント3 PPPの認証に成功しているか

■PPPの状態を確認するコマンド
Router(config)# show ppp GigaEthernet0.1

CHAPもしくはPAPの統計情報を確認し、「failures」の値が増加し続けている場合は、PPPoE回線のユーザID/パスワード設定に誤りがある可能性があります。

Router(config)#  show ppp GigaEthernet0.1
Interface GigaEthernet0.1 is up
  No LCP control exists, link is down
  No authentication control exists, link is down
  No MP bundle exists
  No IPCP control exists, link is down
  No IPV6CP control exists, link is down
  LCP statistics:
    42 packets rcvd, 518 octets
      14 cfg reqs, 14 cfg acks, 0 cfg naks, 0 cfg rejs
      14 term reqs, 0 term acks, 0 echo reqs, 0 echo reps
      0 disc reqs, 0 code rejs, 0 prot rejs
      0 errors, 0 unknowns
    42 packets sent, 518 octets
      14 cfg reqs, 14 cfg acks, 0 cfg naks, 0 cfg rejs
      0 term reqs, 14 term acks, 0 echo reqs, 0 echo reps
      0 disc reqs, 0 code rejs, 0 prot rejs
  CHAP statistics:
    28 packets rcvd, 1064 octets
      14 challenges, 0 responses, 0 successes,★14 failures
      0 errors, 0 unknowns
    14 packets sent, 350 octets
      0 challenges, 14 responses, 0 successes, 0 failures
  PAP statistics:
    0 packets rcvd, 0 octets
      0 auth reqs, 0 auth acks, 0 auth naks
      0 errors, 0 unknowns
    0 packets sent, 0 octets
      0 auth reqs, 0 auth acks, 0 auth naks

確認ポイント4 IPアドレスを正しく取得できているか

■IPアドレスが正しく取得できているかを確認するコマンド
Router(config)# show interfaces GigaEthernet0.1

以下の「PPP state is ppp opened」の表示が「PPP state is ppp opened (address negotiation failed) 」と表示されている場合、IPアドレスの不一致が発生しています。show running-configでプロバイダから通知されたアドレスが正しくIXルータに設定されているかご確認ください。

Router(config)# show interfaces GigaEthernet0.1
Interface GigaEthernet0.1 is up
  Fundamental MTU is 1492 octets
  Current bandwidth 100M b/s, QoS is disabled
  Datalink header cache type is ppp-over-ethernet: 0/0 (standby/dynamic)
  IPv4 subsystem connected, physical layer is up, 0:03:43
  Dialer auto-connect is enabled
  SNMP MIB-2:
    ifIndex is 357
  Logical INTERFACE:
    Elapsed time after clear counters 0:12:54
    223 packets input, 13380 bytes, 0 errors
      223 unicasts, 0 non-unicasts, 34 unknown protos
      0 drops, 0 misc errors
    312 output requests, 11176 bytes, 0 errors
      257 unicasts, 55 non-unicasts
      0 overflows, 0 neighbor unreachable, 0 misc errors
    2 link-up detected, 1 link-down detected
  Encapsulation PPP:
   ★PPP state is ppp opened (address negotiation failed)★,
      prev state is ppp opened (address negotiation failed)
    LCP state is open, prev state is ack sent, since 0:03:44
    IPCP state is open, prev state is ack sent, since 0:03:44
    IPV6CP state is closed
  Encapsulation PPPoE:
    Session ID is 159
    State is established, prev state is PAD session confirmation wait
    Connected access concentrator is Router
    Host unique tag: 00ac8e48

← 目次へ | 事例2へ →

運用中 (以前は接続できていた)

確認ポイントに沿って確認を行います。

確認ポイント

  1. インタフェースがUPしているか
  2. PPPoE接続が成功しているか

確認ポイント1 インタフェースがUPしているか

■インタフェースの状態を確認するコマンド
Router(config)# show interfaces GigaEthernet0.1

インタフェースの状態が「down」と表示されている場合、インタフェースが「up」していません。ケーブルの接続に問題がないか確認してください。

また、リンクダウン発生からの経過時間を見て、リンクダウン発生時刻に作業を行っていなかったかどうかも確認してください。

Router(config)# show interfaces GigaEthernet0.1
Interface GigaEthernet0.1 is ★down
  Fundamental MTU is 1492 octets
  Current bandwidth 1G b/s, QoS is disabled
  Datalink header cache type is none: 0/0 (standby/dynamic)
  IPv4 subsystem disconnected, ★physical layer is down, 0:04:21

確認ポイント2 PPPoE接続が成功しているか

■PPPoEの状態を確認するコマンド
Router(config)# show pppoe status

定期的にPPPoEの状態を確認するコマンドを実行していただき、PADIやPADTのカウンタが増加している場合、インターネット網側が不安定な状態にあると考えられます。ご契約されているサービス事業者までお問い合わせください。

Router(config)# show pppoe status
Interface GigaEthernet0.1 is up
  Control status:
    State is initialized
    Previous state is initialized
    Time since change 3 seconds
    Host unique tag: 00ac8e48
  Statistics:
    ★PADI: 98 outputs, 61 retries
    PADO: 35 inputs
    PADR: 35 outputs, 0 retries
    PADS: 35 inputs
    ★PADT: 1 inputs, 34 outputs★, 33 timeouts
    0 input discards, 0 output discards

← 目次へ | 事例2へ →

ページの先頭へ戻る