ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. 製品概要
  6. 適用例
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ 製品概要

適用例

インターネットVPNで広帯域化とコスト削減を実現

「IX3315」を本社に設置して最大5,000拠点までを接続するインターネットVPNを構築できます。各拠点では、低価格なインターネット接続サービスと、ご利用回線に応じたIXシリーズを設置することでネットワークのコスト削減を実現します。

接続端末数の増加やアプリケーションの多様化によるネットワークの大容量化に、最大4Gbpsと高いIPsec性能を持つ「IX3315」で対応します。

インターネットVPNで広帯域化とコスト削減を実現


障害時にバックアップ回線に自動で切り替わる信頼性の高いネットワークを実現

ルータを冗長化するVRRP機能など各種冗長化機能を組み合わせることで、一部の回線や機器に障害が発生した場合でも運用を継続できます。

ブロードバンド回線をはじめ、NGN(データコネクト)/ワイヤレスWANなどの最新サービスからISDNまで、用途に応じたさまざまな回線を利用可能です。

バックアップ回線にISDNを利用して、障害時に自動で切り替わる信頼性の高いネットワークを実現


Ethernet over IPで安価に広域イーサ網を構築(レイヤ2VPN)

イーサネット・フレームをIPネットワーク上で透過するEthernet over IP(EtherIP)機能により、広域イーサネットで構築されたネットワークに、小規模拠点を ADSLやFTTHなどの安価なブロードバンド回線で収容できます。

また、SNAやDINA、AppleTalkといった非IPプロトコルを広帯域ネットワークで利用可能になります。さらに、IPsecとの併用が可能なため、通信経路上のセキュリティを確保します。

Ethernet over IPで安価に広域イーサ網を構築(レイヤ2VPN)

ページの先頭へ戻る