ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. 技術情報/お知らせ
  6. IX2010/IX2015/IX3010 ご利用可能なソフトウェアバージョンに関する御報告
ここから本文です。

VPN対応高速アクセスルータ UNIVERGE IXシリーズ

IX2010/IX2015/IX3010 ご利用可能なソフトウェアバージョンに関する御報告

平素は、弊社アクセスルータ「UNIVERGE IXシリーズ」をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。

掲題の件、「IX2010、IX2015、IX3010」の使用部品変更に伴い、過去にリリース済みの一部ソフトウェアバージョンがご利用できなくなりますので、以下にご案内申し上げます。なお部品変更機種の識別方法は本ページ末尾を参照下さい。

部品変更機種の出荷時期

機種 出荷時期
IX2010/IX2015 2005年6月以降の出荷品
IX3010 2005年8月以降の出荷品

部品変更機種でご利用可能なソフトウェアバージョン

~ ver.5.2
ver.6.0 ~ ver.6.3
ver.7.0~
5.2.27
以前
5.2.28
6.2.24
以前
6.2.28
6.3.12
6.3.16
以降
7.0.12
以前
×
×
×

部品変更機種で対応していないソフトウェアバージョンを使用した場合、以下の現象が発生いたします。

  1. 装置電源投入時のPOST(Power On Self Test)において、LAN1(FE0/0)、LAN2(FE0/1)の項目がFailとなり、装置前面のALMランプが点灯する。

    LAN1(FE0/0) TEST: Fail

    LAN2(FE0/1) TEST: Fail

  2. show errorコマンド投入時、下記のようなPOST Failの履歴が残る。

    2004/12/10 05:58:01 +0900 ALERT: Diagnostic, POST LAN1(FE0/0) TEST: failed

    2004/12/10 05:58:21 +0900 ALERT: Diagnostic, POST LAN2(FE0/1) TEST: failed

  3. show versionshow hardwareコマンド投入時、CPU名が***unknown***と表示される。

    IX2015 (***unknown***) processor with 57344K bytes of memory.

[ご注意]

  • 部品変更機種には、出荷時に適切なソフトウェアが適用されておりますので、お客様が対応していないソフトウェアにバージョンダウンを行わない限り、上の現象は発生いたしません。

  • 対象機種は部品変更の有無に関わらず、同一ソフトウェアバージョンであれば動作・性能は全く同一です。

  • 部品変更前の製品でも、最新のソフトウェアをご使用頂けます。

 

部品変更有無の識別方法

識別方法
装置前面
装置底面ラベル
梱包箱ラベル
UNIVERGEロゴ
品名欄
品名欄
部品変更前
IX****
IX****
部品変更後
UNIVERGE IX****
UNIVERGE IX****

ページの先頭へ戻る