ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. コンセプト
  5. デザインドコミュニケーションによる業務改革
ここから本文です。

デザインドコミュニケーションによる業務改革

2003年に誕生して以来、UNIVERGEは常にお客様のワークスタイルの革新と、オフィスの生産性向上を目指してきました。

その歩みは、ブロードバンド環境とITの融合による「ブロードバンドオフィス」に始まり、セキュアなリモートアクセスでオフィス環境を拡大する「ユビキタスワークプレース」、サービスを利用することで安心・安全なワークプレースを実現する「WaaS(Workplace as a Service)」と、次々に新たなコンセプトを提唱しながら、今日も進歩し続けています。

そして今、UNIVERGEは、10年の時を経て新たなステージへ踏み出します。
そのコンセプトは「デザインドコミュニケーション」。
人と人、人と組織の連携力をより強化することで、ビジネスプロセスの革新を加速します。

デザインドコミュニケーションとは

「業務システム単独では作りこめないプロセスをコミュニケーションで補完する」
デザインドコミュニケーションが目指すのは、ビジネスシーンにおける業務システムとコミュニケーションシステムの連携・融合です。

従来は、双方のシステムが独立し、連携していなかったため、人が介在して対応することで解決を図っていました。そのため、人に依存する部分が多く、結果にばらつきが生じるという課題を抱えていました。

デザインドコミュニケーションとは、こうした課題解決のためにシステム全体を再デザインし、ビジネスプロセスの革新を実現しようとするものです。
業務システムとコミュニケーションシステムをより強く融合させることで、ビジネスプロセスを最適化し、本来重視すべき「人と人のコミュニケーション」が最適な方法で実現されることを目指します。

業務アプリケーションを簡単に融合

例えば、保守サービスの場面では、現場が他の保守員の支援を必要とする場合、管理者はスケジューラーにより、近くで作業予定のある保守員を探し、電話で対応可否を確認するというプロセスをこなすことになります。

しかし、現場の作業状況によっては、スケジューラーの通りには作業が進んでおらず、支援できる保守員を探すのに、時間を要することになります。
このとき、地図上で保守員のリアルタイムな所在が確認でき、ワンクリックで簡単に電話をかけられるなら、プロセスは最適化され、迅速に対応できるため、顧客満足度の向上につながります。これを実現するためには、スケジューラーの情報と位置情報を元に、保守員の所在を地図上にマッピングし、連絡ボタンを配する必要があります。

しかし、従来環境でこれを実現しようとすると、専用のシステム構築となるため、開発期間・コストを要するという課題がありました。
デザインドコミュニケーションでは、端末から位置情報を登録する手段を提供し、Webアプリケーションと親和性の高いオープンなAPIを提供することで、既存システムを簡単に連携させ、この課題を解決できます。

これにより、一般的なプログラミング知識さえあれば、専門知識がなくても業務システムにコミュニケーション機能を組み込むことができるため、Webの地図アプリケーション上に前述のような機能を短期に実装可能となります。
このため、急激なビジネス環境の変化にもタイムリーに対応でき、常に最適なソリューション提供が可能となります。

多彩なデバイスでいつでもどこでも

多様化するビジネスシーンにおいて、デザインされた最適なコミュニケーションを実現するには、端末に求められる要件もそれぞれ異なります。

例えばオフィスでは、多機能電話機とPC上の業務アプリケーションの連携、営業の場面ではスマートフォンに代表されるモバイル端末と、その上で動作する業務アプリケーションの連携が重要です。
また、生産現場では、シンプルで使いやすい端末と 確実につながる接続性が要求されます。
このように、人が利用シーンに適したデバイスを選択できること、それが最適な手段でコミュニケーションを取る上で大切な要素です。

UNIVERGEは、ハードフォン、PCやスマートフォンで動作するソフトフォンなど、多彩なデバイスを提供することで、お客様の要望にお応えします。

最適なコミュニケーション手段を選択

デザインされた最適なビジネスプロセスを確立するためには、人が利用するコミュニケーション手段の中から、いつでも、どこでも、最適な手段を選択できる必要があります。

それぞれの場面で、テキスト、音声、映像などのコミュニケーション手段から、利用シーンに応じて常に最適なものを選択できるようになれば、緊急性に応じてメールと音声通話を使い分けることができます。

また、複雑な内容をより確実に伝えるために、映像・音声に加えて、同じ資料を見ながら、密度の高い情報共有が可能なWeb会議を行うなど、状況に応じた伝達手段を利用することができます。

UNIVERGEのコミュニケーションプラットフォームは、こうしたお客様の要望にお応えし、様々なコミュニケーション手段を提供します。

ページの先頭へ戻る