Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

運用 <N8384-111自動釣銭機FAL2>

POS画面を見ながらの簡単な操作で、レジ担当者は迷うことなく的確ですばやいオペレーションが可能です。


自動釣銭機運用の流れ

入金優先運用、釣銭優先運用のどちらにも対応可能です。


入金優先運用の流れ

預かり金入力の手間を省き、違算の心配がありません。

入金優先運用

釣銭優先運用の流れ

スピーディなオペレーションでお客様をお待たせしません。

釣銭優先運用

入金優先と釣銭優先の比較

 
 
入金優先
釣銭優先
 メリット
  • 1取引ごとの違算をなくす事が可能(貨幣のみ扱い時)
  • 預かり金入力の操作がなくなる
  • 処理スピードが向上する
  • 釣銭補充がいつでも可能
  • 機械で認識できない紙幣も強制取り込みが可能(入金リジェクト庫使用の場合)
 デメリット
  • 処理スピードが若干遅くなる
  • 認識できない貨幣を預かった際の操作方法と、その貨幣の取り扱い(保管)が複雑
    ⇒対応を間違えると違算となる
  • イレギュラー処理の際、1アクション多くなる(釣銭補充等)
  • 入金時エラーが発生した際、実際の預かり金と機械での認識に差異が発生した場合クレームとなる
  • 金券発生時はキー入力の操作が発生する
 
  • 預かり金登録ミスで違算が発生する
 判断の
ポイント
正確性を重視  スピードを重視

点検・清算

釣銭機内の在高が画面に表示されるので、点検、精算処理も正確で、スピーディな処理を可能にします。

POS画面例ですPOS画面例です

点検・補充・出金

釣銭準備金の不足、溢れの際に画面には警告を表示。補充、出金などの作業もPOS画面を見ながら簡単に操作できます。

補充・出金POS画面例です

単体操作

釣銭機単体での入出金処理などは「十字キー」で簡単に操作可能です。
また、表示パネルで紙幣・硬貨の収納状態など、各状態・状況をお知らせすることにより、レジ担当者が各運用状況に応じたタイムリー且つ的確な対応ができ安心です。

単体操作

資料請求・お問い合わせ

ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせの本文には必ず「自動釣銭機」という言葉を入れてください。