ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. NEC技報
  4. 発行年別インデックス(バックナンバー)
  5. vol.69(2016年)
  6. No.1(9月)AIによる社会価値創造特集
  7. 都市交通サービスにおける「NEC the WISE」
ここから本文です。

都市交通サービスにおける「NEC the WISE」

社会がスマートシティのビジョン実現を目指すうえで、都市交通サービスは市街地における移動性と生産性を牽引する重要な役割を担っています。「NEC the WISE」における交通向けプログラムは、シンガポールなどの都市で、通勤者にとって円滑で便利な運行サービスの実現を支援しています。その目的は、電車・バス・タクシー及びよりスマートな交通管理システムを、よりスマートな管理・最適化システムで構築することであり、最も速くかつ利便性の高い方法で通勤者の移動を確実にすることにあります。そしてそれは、性能監視や需要管理、スケジュール最適化、ソーシャルメディア分析などにAIを活用することで実現可能となります。

1.はじめに

NECはスマートシティのロードマップの開発を行っています。このロードマップは、主にAIと最先端ICTにより実現されるものです。新しい技術である「ブレイン・インスパイヤード・テクノロジー(脳型テクノロジー)」というトレンドを利用することに焦点を当てたこのプログラムは、信頼のコラボレーションをもたらす真のコネクテッドな国家と、さまざまなレベルの快適なライフスタイルの実現に必要なタイムリーな情報を人々や企業に提供します。すなわち、危機の監視や迅速な対応を支援するための状況把握に必要な情報を、企業や市民、政府機関に提供します。

2.このビジョンが意図するもの —人間中心陸上交通システム

社会がスマートシティのビジョン実現を目指すうえで、都市交通サービスは、市街地における移動性と生産性を維持・向上する重要な役割を担っています。人口の多い大都市では、増加し続ける通勤者と車両の数に対応すると同時に、交通渋滞軽減のために、道路・鉄道網への投資と開発が続けられています。道路・鉄道網の高度交通管理は、事故や激しい交通渋滞を引き起こす可能性のある潜在的輻輳(ふくそう)地域で、より効率的な移動を促すために導入されました。

しかし、いまだに公的な交通手段ではなく私的な交通手段へ依存し続けている現状を考えると、都市交通システムは依然として理想から程遠い状態といえます。自動車の個人所有より公共交通機関の充実の方にこそ、近代的大都市の未来があると市民に納得させるためには、速度・利便性・アクセス性を種々の公共交通機関で改善することが重要です。すなわち、私的な交通手段の利便性に競り勝つために、当局は、利用料金を下げ、種々の交通機関の乗り継ぎを改善し、最初から最後までスムーズでシームレスな移動手段を提供し、さまざまな公共交通機関が相互連結し統一したシステムの形成を実現しなければなりません。

そのようにして、公共交通機関をよりスマートで柔軟なものにするには、従来の交通計画と管理ではもはや十分なものではなくなりました。その結果、交通計画当局と政策決定者たちは、幅広い選択肢とその影響を考慮する必要に迫られることになりました。政策決定や立案、管理などを行い、移動効率を高めるさまざまなサービスと利用可能な交通手段の組み合わせを調整するには、より良い情報とツールが必要です。更には、データそのものを、有用で、信頼でき、アクセスしやすく、そして分かりやすいものにする必要があります。ソーシャルメディアやセンサー、ビデオカメラなどからの新しいデータ源には、交通機関の利便性を向上する新たな手段をもたらす可能性があります。以下に挙げる項目が、移動効率を変えるうえで中心となるでしょう。

  • より短い移動時間を実現する交通機関間の乗り継ぎの最適化
  • 実際の移動に伴う行動分析に基づいた事業費用の削減と利便性の向上
  • リアルタイムデータによる利用者へのより良い情報・サービスの提供(あらゆる経路・時間・交通手段を対象)
  • 未来の交通ユーザーに備える連携システムの創出
持続可能で環境にやさしく、費用対効果の高い、未来の交通エコシステムの開発において、このように統合されたアプローチは、簡便性・頻度・速度・費用の最適化を実現する能力をサービス事業者へ確実に提供することができます。

シンガポールは、世界で人口密度が高い国の1つであり、伸び続ける交通需要と厳しい物理的スペースの制約を受けています。シンガポール政府は、シンガポールで暮らして働く人々が公共交通機関を第一の交通手段として選ぶようになるための活動を開始し、利便性の向上に焦点を当てた「人間中心陸上交通システム(People-Centred Land Transport System)」のビジョンの実現へ向けて、取り組みを続けています。例えば、シンガポール政府は、10世帯中6世帯が最寄りの駅まで徒歩10分以内で行けるようになることを計画しています。向こう5年間で、政府は鉄道に20以上の新駅を追加する計画です(図1)。

図1 鉄道駅の増設計画図1 鉄道駅の増設計画

シンガポールの運輸省は、向こう10~15年の間に、下記の3方向からなるアプローチを採用することを目指しています。

第一に、交通手段の選択肢の充実を計画しています。バス業界においては、既存の台数を現状の3割増しにすると同時に、競争力とサービスの基準を徐々に再構築する計画です。その一方で、鉄道網を2030年までに360kmに倍増する計画です(図2)。これは10世帯中8世帯が、鉄道の駅まで10分以内の範囲に住むことを意味します。更に、公共交通事業者は、これらの各駅に利用しやすいレンタル自転車を設置する予定です。目標は、2030年までに通勤の75%を公共交通機関によるものにし、2050年までにそれを85%にすることです。

図2 2030年までの鉄道網(Mass Rapid Transit)拡大計画図2 2030年までの鉄道網(Mass Rapid Transit)拡大計画

次に、シンガポール運輸省は交通の代替手段の提供を開始しています。例えば「ナショナル・サイクリング・プラン」のもと、2030年までに自転車道が現在の約350kmから700kmに延長される予定です。道路の交通渋滞を緩和し、より簡便で迅速な接続を推進する動きのなかで、自転車や電動スクーターなどがまもなく歩道を走れるようになります。

最後に、シンガポール政府は、個人の自動車所有の増加に歯止めを掛けようとしており、カーシェアリングを奨励し、その立ち上げを支援しています。

しかし、シンガポール運輸省の担当者は、以下のように発言しています。「改善の余地はまだまだあります。我々は、過去5年間で実現した改善の勢いを維持するべく、より多くのリソースへの投資を続け、新技術の導入を図り、革新的な維持方法を採用することを計画しています」。

3.人間中心陸上交通システムに向けたNECのソリューション

NECは、「見える化」「分析」「制御・誘導」の領域において、安全・安心・効率・公平な社会の実現に貢献するAI関連技術の開発を半世紀近く推進しています。NECは、人間の知識とAIの協働を利用して、社会が今日直面する、複雑に絡み合った課題の解決に取り組んでいます。「NEC the WISE」として知られるこのAI技術群は、我々のそれらへの取り組みの確固たる証です。音声認識や画像・映像認識、言語・意味論的理解、機械学習・予測・検出などをはじめとする、そのAI技術の多くは、世界で前例を見ないもの、もしくは世界でNo.1と認められたものです。更なる前進を遂げるため、NECは、都市交通分野を含む、明確な1つの回答を持たない複雑な問題に対し、さまざまな提案を行う予定です。

NEC the WISEの交通向けプログラムは、シンガポールなどの都市が、通勤者に円滑で便利な移動手段を提供する支援を目指しています。その目標は、通勤者が1つの場所から他の場所へ最も速く、最も便利な方法で移動することを確実にするために、電車・バス・タクシー並びによりスマートな交通管理システムを実現し、よりスマートな管理・最適化システムを構築することにあります。

更に大きな目的は、できるだけ多くの自動車の個人所有者に公共交通機関を利用することを奨励し、しかも移動に今より時間が掛かることなく、更なる快適性を確実にすることです。NEC the WISEの交通向けプログラムは、さまざまな鉄道・バス路線のデータ取得、それに加えて鉄道間の乗り換え、鉄道とバス間の乗り換え、バス同士の乗り換えなどに焦点を当てます。

NEC the WISEの交通向けプログラムが現在取り組んでいる3つの主な分野は、以下のとおりです。

(1) 性能監視、需要管理

定刻運行はサービス品質の基準となります。非常に精度の高いデータ取得技術を通して、NECのデータ分析プラットフォームは、常に鉄道とバス路線に生じる負荷の調整を行い、公共交通機関当局や事業者が正確な交通機関の運行を実現できるよう支援します。このプラットフォームは、サービスの卓越性を損なうことなく、事業者が車両数やバスの本数の増減を適切に行えるように通勤者数の事前情報を提供し、1日ごと、更には1時間ごとの潜在的変動を予測することを可能にします。

(2) スケジュール最適化

この機能は、関連する作業規則や利用者需要に応えるため、サービスの効率とリソース配分の向上を支援するようデザインされています。NECのデータ分析プラットフォームは、現在と未来の通勤者数を考慮し、交通事業者によるバス運転手の管理を可能にして、バスの運行スケジュールの最適化を実現します。更に重要なことに、このプラットフォームにはユーザーフレンドリーでインタラクティブなユーザーインタフェースと可視化機能が備わっており、バスの故障などの予期せぬ事象が発生した場合にも、これらの機能を駆使して、全体のスケジュールを正常に戻すための選択肢を提案します。

(3) ソーシャルメディア分析

最善の計画と予測を持ってしても、組織はときに危機に陥ることがあります。組織が事態の発生について知る以前に、メディア(従来のメディアとソーシャルメディア)は既にニュースを報道し、共有し始めていることもしばしばです。有効な対応を行うためには、時宜を得た真正の情報が組織には必要です。

NECのデータ分析プラットフォームは、ソーシャルメディアをヒューマンセンサーとして活用する潜在能力に着目しました。NECは、例えばサービスの中断、長い待ち時間などを乗客にリアルタイムで警告する、交通関連のリスクイベント(リスクが潜在する事象)をソーシャルメディアのコンテンツから特定し、分析し、発見する、世界トップクラスのRTEテクノロジーを開発しました(図3)。この技術は、ソーシャルメディアのサイトからのフィードをもとに、通勤者によって投稿され、現場で実際に検証された、起こりうるサービスレベルの大きな低下を分類かつ特定し、警告することが可能です。

図3 ソーシャルメディア向けNECデータ分析プラットフォーム図3 ソーシャルメディア向けNECデータ分析プラットフォーム

4.むすび

NEC the WISEの交通向けプログラムは、交通事業者による人間中心の陸上交通システムの提供を支援し、そのための統合的な一連のAIサービスを公共交通当局と事業者に提供することで、通勤者にとって円滑で便利な交通サービスを実現します。自動車の少ない都市を目指し、個人所有の自動車を運転することより、公共交通機関の利用の方に魅力を感じる動機付けにもなります。

日本・ヨーロッパ・アメリカ・中国・シンガポール各国にあるNECの研究所は、NEC the WISEの交通向けプログラムの構築を協力して推進しています。このプログラムは、我々独自のNECデータ分析プラットフォームと相関関係にある複数のAI分析機能から構成されています。そして直感的な可視化機能により、官公庁や企業、市民へと、NECのイノベーションによるスマートシティの暮らしを提供します。

執筆者プロフィール

Mervyn CHEAH
Head & Vice President
NEC Laboratories Singapore
NEC Asia Pacific Pte. Ltd.

ページの先頭へ戻る