ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. 通信事業者向け
  5. SDN/NFVソリューション
  6. vHSS
ここから本文です。

virtualized Home Subscriber Server

vHSS

vHSSは加入者の電話番号や認証情報、位置情報等をデータベース上で管理し、呼処理を制御するMMEと接続してLTEサービスを実現します。

仮想化技術の活用により汎用IAサーバ上で動作するため、省電力/省スペースを実現し、お客様のTCO低減にも寄与します。

機能一覧

vHSSは3GPPで規定されるS6aインタフェースをサポートします。主な機能の概要を以下に示します。


機能 概要
1 加入者データ管理
  • MMEから受信する加入者情報をデータベースに蓄積します。
  • MMEの要求に応じて加入者情報を提供します。
  • 保守インタフェースによる加入者データの管理機能(登録/変更/削除/照会)を提供します。
2 加入者認証
  • MME経由で受信する端末からの認証要求に対して、認証情報を生成して返信します。
3 位置情報管理
  • 端末が移動した際に、MMEから位置情報の更新要求を受けて、該当端末のデータベースを登録/変更、削除を行います。
4 Mated-Pair間同期機能
  • 2拠点にvHSSを配備(Mated-Pair構成)する事によって、拠点間で加入者データを同期して、冗長構成を強化出来ます。
5
保守運用機能
  • システムデータ/局データの設定と表示をします。
  • 各種情報(システムのプロセス、ログ、障害、アラーム、保守履歴、統計情報 他)を管理します。

地域冗長機能

特定の地域で障害が発生した場合でも、離れた別の場所にあるvHSSとの同期機能により、サービスを中断する事無く継続できます。

ページの先頭へ戻る