ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. SOLIDWORKS PDM Professional
ここから本文です。

3次元CADデータ管理

SOLIDWORKS PDM Professional

(旧 SOLIDWORKS Enterprise PDM)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017 バナー

SOLIDWORKS PDM Professionalのロゴ

SOLIDWORKS PDM Professionalは、3次元CADデータ管理・共有を促進し、
3次元CADによる設計生産性を向上するデータ管理ソフトです。

SOLIDWORKS PDM Professionalとは

3次元CADのデータ管理の課題

3次元CADのデータ管理には様々な課題がありますが、SOLIDWORKS PDM Professionalでこれら課題を解決することが可能です。

3次元CADのデータ管理の課題

SOLIDWORKS PDM Professionalの特長

SOLIDWORKSデータ管理に最適

  • 部品、アセンブリ、図面ファイルの関連を保って管理します。
  • MS Officeなどの設計ドキュメントをSOLIDWORKSファイルとして関連付けて管理します。
  • 3DCADの構成をBOMとして表示します。
  • 共通部品・Assyファイルの検索が可能です。

使い易さと設定の容易さ

  • Windows Explorerに完全統合されているため設計者がPDMを意識しない使い易さが特長です。
  • 設定・カスタマイズするための管理ツールは、簡単に操作いただけます。
  • ビューワは様々なファイル形式に対応しています。
  • キャッシュによりパフォーマンスが向上しています。

設計の再利用

  • 既存3Dの構成を選択コピーして流用設計が可能です。
  • 参照関係を崩さず、ファイル名の変更及びファイルの移動が可能です。
  • SQL Serverを使用しているため高度な検索や逆展開表示などが可能です。

ワークフロー管理

  • ワークフロープロセスを簡単に定義できます。
  • 変更履歴を管理します。
  • ステータス変更時に、アクセス権の変更や、TIFF、構成情報等の自動出力が可能です。

チーム設計

  • レプリケーションによる離れた拠点間でのデータ共有を実現します。
  • ファイル単位でアクセスコントロールが可能です。

ページの先頭へ戻る