Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

TCOの削減

サーバ仮想化を導入すると、仮想化環境と物理環境が混在することになり、二重に管理しなければなりません。そのため運用管理の負担やコストが肥大化します。

NECは、混在する仮想化環境と物理環境を統合管理できる運用管理ソフトウェアにより、効率的なシステム運用と管理コストの低減を実現します。

複数の仮想化環境と物理環境を一元的に管理

サーバ仮想化の導入が本格化すると、VMwareやHyper-V、Citrix XenServerなどの複数の仮想化環境と、サーバやストレージ、ネットワーク機器などの物理環境が複雑に混在します。

NECでは、2つの環境を統合的に管理できる運用管理ソフトウェアによりシームレスに管理し、さらに、仮想サーバの負荷のばらつきを監視して負荷を平準化したり、障害発生時には原因の分析から対処までを自動化するなど、効率的な運用・監視を行うことでTCOを削減します。

NECは、混在する仮想化環境と物理環境を統合管理できる運用管理ソフトウェアにより、効率的なシステム運用と管理コストの低減を実現します

混在する仮想化環境を、同一の管理画面、同一の操作性で容易に管理

VMware、Hyper-V、Citrix XenServerなど、どの仮想化環境も同一の画面上で管理できます。さらに操作方法も共通なため、複数の環境を効率的に管理でき、また、各環境ごとに操作方法を習熟する必要がないので、習熟のための時間やコストを低減できます。

統合仮想化管理の画面のイメージ

管理内容にあわせて、さまざまな管理画面を提供できます。

  • 業務管理画面
    物理サーバ、仮想サーバを意識せずに、部門や業務単位でサーバがどのようにグループ化されているかを把握できます。
  • 仮想サーバ管理画面
    どの物理サーバでどの仮想サーバが稼働しているのか、各物理サーバ上に配置された仮想サーバを把握できます。
  • リソース管理画面
    サーバ、ストレージ、ネットワーク機器、ソフトウェアなど、管理対象とした各リソースの状態を把握できます。