Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

Microsoft Private Cloud FastTrack

Microsoft Private Cloudとは

マイクロソフトは、より短期間かつ低コストでプライベートクラウドの構築を可能にするプライベートクラウド導入推進プログラム「Microsoft Private Cloud」を提供しています。

Microsoft Private Cloudでは、仮想化プラットフォームを提供するWindows Server 2012 Hyper-Vと、統合管理を行うSystem Center 2012による仮想データセンター環境を構築し、多種多様なサービスに対応できる柔軟性の高いプライベートクラウドを実現します。

Microsoft Private Cloudは、Windows Serverがベースなので、プライベートクラウドを慣れ親しんだWindows Serverの使用方法、運用方法により構築・運用することができます。

Microsoft Private Cloudとは

Microsoft Private Cloud Fast Trackとは

Microsoft Private Cloud Fast Trackは、マイクロソフトとNECをはじめとしたパートナー各社が、プライベートクラウド構築に必要なサーバ、ストレージ、ネットワーク機器などのハードウェア製品と、Windows Server 2012 Hyper-V、System Center 2012、パートナー各社のシステム管理やクラウドポータルなどのソフトウェア製品との構成を共同検証し、動作確認済みのリファレンス(詳細な実践資料)として提供するものです。

検証済みの構成に加え、導入・運用に関するノウハウをガイドラインとして提供するので、検証時間や導入リスクの低減、展開時間の大幅な短縮が可能となり、企業は安定したプライベートクラウドを迅速に導入することができます。

検証済みのハードウェアとソフトウェア構成をリファレンスとして提供 検証済みのハードウェアとソフトウェア構成をリファレンスとして提供

NECの特長

  • NEC製品とMicrosoft Private Cloudを組み合わせ、特に「信頼性・可用性向上」および、「エコ」の面で秀でたソリューションを提供します。
  • 信頼性・可用性の面では、日本を含むアジア・パシフィック No.1*のクラスタリングソフトCLUSTERPROにより、仮想マシンのアプリケーションまできめ細かく障害対応できることにより、重要なシステムも安心してMicrosoft Private Cloud上に構築できます。
  • エコの面では、省電力、省スペースに優れたブレードサーバExpress5800/SIGMABLADE」を採用し、エコなMicrosoft Private Cloudを提供します。
  • 標準10G LANを、複数ポートに分割して利用。IOネットワークを集約し、さらにコンパクトなシステムを実現します。
  • 「OpenFlow」をベースにNECが独自に研究開発したアーキテクチャ「プログラマブルフロー」を実装したUNIVERGE PFシリーズの採用により、ネットワークの仮想化を実現。柔軟で運用性が高いネットワーク環境を提供します。

* 出展 IDC Japan, 2012年12月 IDC White Paper sponsored by NEC, Doc #202656_JP

構成要素

ブレードサーバ『SIGMABLADE』

特長

NECのブレード技術を凝縮
省電力性に優れ容易にサーバ増設が可能

『SIGMABLADE』の詳細はこちら

ストレージ『iStorage』

特長

TCOの削減、高可用性、拡張性を実現するとともに、省電力性にも配慮

『iStorage』の詳細はこちら

ネットワーク『UNIVERGE QXシリーズ』

特長

グリーンIT、高信頼性、セキュリティ、運用管理性を配慮したミッション・クリティカルなビジネスを支えるネットワークスイッチ

『UNIVERGE QXシリーズ』の詳細はこちら

ネットワーク『UNIVERGE PFシリーズ』

特長

ますます多様化・複雑化するデータセンターの課題を「シンプル化」、「仮想化」、「可視化」により解決するクラウド時代のネットワークプラットフォーム

『UNIVERGE PFシリーズ』の詳細はこちら

ソフトウェア『System Center 2012』

System Center 2012とは

System Centerは、マイクロソフトが提供する運用管理ソフトウェア製品で、System Center 2012では、これまで個別に提供されてきたSystem Center製品群に新たな製品を追加し、これらを1つにまとめてスイート製品として提供されます。
コンポーネントとしては、Virtual Machine Manager(仮想化環境管理)、Operations Manager(システム稼働監視)、Conguration Manager(システム構成管理)、Data Protection Manager(データ保護管理)、Orchestrator(ITプロセス管理)、Service Manager(ITサービス管理)、App Controller(プライベート&パブリッククラウドサービス管理)、Endpoint Protection(マルウェア対策機能)が用意されています。

System Center 2012のPP・サポートサービスを提供

NECでは、System Center 2012を安心してお使いいただけるようPP(プログラムプロダクト)・サポートサービスを提供し、もしものトラブルやご質問に専門の技術者が迅速に対応いたします。また、System Center旧バージョン製品向けのPP・サポートサービスも提供していますので、あわせてご利用ください。

PP・サポートサービス対象製品

  • System Center 2012
  • System Center 2012 Conguration Manager Client Management License (CML)
  • System Center Virtual Machine Manager 2008 R2
  • System Center Operations Manager 2007 R2
  • System Center Conguration Manager 2007 R3
  • System Center Data Protection Manager 2010

ソフトウェア『CLUSTERPRO』(オプション)

特長

高可用性を実現する日本を含むアジア・パシフィック No.1*クラスタリングソフト

『CLUSTERPRO』の詳細はこちら

* 出展 IDC Japan, 2012年12月 IDC White Paper sponsored by NEC, Doc #202656_JP

SIサービス

特長

あらかじめ、事前検証済みのリファレンスガイド、構築ガイド、運用ガイドを提供