Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

Windows Server 2012 Hyper-V

進化したHyper-Vが仮想化統合からクラウドソリューションまで最適なプラットフォームを提供。

大きく進化したWindows Server 2012 Hyper-Vは、最大320基の論理プロセッサ、4TBの物理メモリ、仮想マシンごとに最大64基の仮想プロセッサ、1TBのメモリに対応し、圧倒的なスケーラビリティと安定したパフォーマンスを実現。また、数多く搭載された最新の仮想化機能により、あらゆる規模の仮想化環境、クラウド環境のニーズにお応えします。

機能 Windows Server 2012
Hyper-V
Windows Server 2008 R2
Hyper-V
ホスト 論理プロセッサ 320 64
物理メモリ 4TB 1TB
ホストごとの最大仮想プロセッサ数 2,048 512
仮想マシン 仮想マシンごとの最大仮想プロセッサ数 64 4
仮想マシンごとの最大メモリ 1TB 64GB
稼働できる最大仮想マシン数 1,024 384
最大仮想ディスクサイズ 64TB(VHDX) 2040GB(VHD)
クラスター 最大クラスターノード数 64 16
クラスター上の最大仮想マシン数 8,000 1,000

性能を大幅に向上、仮想化機能を充実させたWindows Server 2012 Hyper-V

Hyper-VがWindows Server 2008以降OSの標準機能として搭載されて以来、お客様は追加コスト無しで、手軽に仮想化環境に取り組むことができるようになりました。今回、新しくなったWindows Server 2012 Hyper-Vは、従来からの互換性を保ちつつ大幅な性能アップや可用性の向上などが図られており、充実した仮想化機能とともに、より自由な構成で使いやすい仮想化環境を実現できます。
さらに、仮想化ソリューションを進化させ、データセンターを利用した事業継続・災害対策(BC/DR)や、スマートフォン・タブレットと連携したワークスタイル変革など、最新のクラウドソリューションを使いなれたWindowsで簡単に構築することができます。

安全なマイクロカーネル型のハイパーバイザを採用

Hyper-Vは、デバイス ドライバをハイパーバイザ層に持たない「マイクロカーネル型」を採用しています。ハイパーバイザ層を単純化することで、セキュリティと信頼性を高めています。

図版:2種類のHypervisor

NEC とマイクロソフトが安心のHyper-V 仮想化・クラウド基盤を提供

NECは、マイクロソフトとの緊密なパートナーシップのもと、正式リリースの一年前、2011年9月よりいち早くNECのプラットフォーム製品(Express5800、iStorage、UNIVERGE)とWindows Server 2012 Hyper-Vとの技術検証に取り組み、製品の品質向上やHyper-Vに関するノウハウの蓄積を行ってきました。
これまでの豊富な構築経験を通して、NECの高品質・高信頼のプラットフォーム製品と、進化したWindows Server 2012 Hyper-VによるHyper-V 仮想化・クラウド基盤を提供します。

図版:NEC とマイクロソフトが安心のHyper-V 仮想化・クラウド基盤を提供

進化したWindows Server 2012 Hyper-Vの主な新機能

クラスタ構成や共有ディスク無しで、ライブマイグレーションが可能

Windows Server 2012 Hyper-Vでは、これまで必須だったクラスタ構成や共有ディスクが無くても、ネットワーク接続があれば、ライブマイグレーションが可能です。ライブマイグレーションの環境を手軽に構築し、容易に利用できます。

図版:クラスタ構成や共有ディスク無しで、ライブマイグレーションが可能

ビジネスの継続性を容易に強化できるHyper-Vレプリカ機能

Windows Server 2012 Hyper-Vでは、仮想化環境を動作させながら遠隔地のサーバに本番環境のレプリケーションを行うことが、特別なクラスタ構成や専用回線など難しい設定無しで可能です。万一の障害や災害の発生に備えたビジネス継続性の強化が容易に行えます。

図版:ビジネスの継続性を容易に強化できるHyper-Vレプリカ機能

シンプルになったWindows Server 2012のライセンス体系

Hyper-Vを搭載したWindows Server 2012には、StandardとDatacenterの2エディションがあります。
小規模な仮想化向けのStandardと高集約の仮想化向けのDatacenterは、利用可能なリソースや機能の違いはありませんが、物理CPU数および仮想マシン(ゲストOS)数に応じたライセンスとなっています。
また、旧バージョンへのダウングレード権が用意されています。
Windows Server 2012のライセンスでWindows Server 2008 R2以前のOSを実行することも可能です。

エディション 物理サーバ1台あたり必要なライセンス数
物理CPU数 仮想マシン(ゲストOS)数
Standard 物理CPU2つごとに1ライセンス  同時に実行するゲストOS2つごとに1ライセンス
Datacenter ゲストOS数の上限なし

NECとマイクロソフトだからできる、Hyper-Vによるサーバ仮想化を提供

長年にわたり緊密に連携してきたNECとマイクロソフト

1979年に、マイクロソフトのMS-DOSを載せて、NECがパーソナルコンピュータPC-8000シリーズを発売して以来、サーバの共同開発、SIサポート分野での協業、SI/ソフトウェアの協業強化、そしてSIソリューション領域での協業強化・拡大へと、両社は長年にわたり緊密に連携し、協業活動を幅広い分野に拡げてきました。
NECはWindowsの最新技術を深いレベルでマイクロソフトと共有し、また、さまざまな知識を獲得・蓄積して、Express5800シリーズをご利用のお客様へのサービスに活かしています。現在、NECのサポートサービスをご利用いただいているお客様からのWindows OSに関するお問い合わせの約9割は、マイクロソフトに依頼することなく、NECの豊富なノウハウとスキルで迅速に解決しています。

図版:協業の歴史

"システムモデル"をベースに、サーバ仮想化をはじめとしたSIソリューションを提供

SIソリューション領域では、両社の最先端の技術と製品を組み合わせ、徹底検証された"システムモデル"をベースに、高品質・高性能なWindows Serverソリューションを共同で開発し、お客様の経営革新に貢献する各種ソリューションをご提案、ご提供しています。
なかでも仮想化は、NECのサーバ「Express5800シリーズ」にマイクロソフトの「Hyper-V」を組み合わせ、統合プラットフォーム「SigmaSystemCenter」で運用管理を行う、サーバ仮想化環境を容易に実現するソリューションです。

図版:NEC×マイクロソフト

NECの強み

  • 充実したプラットフォーム製品群
  • コンサルティングからSI構築/運用までのトータルソリューション
  • 自社の基幹システムにマイクロソフト製品を採用、大規模システムの構築・運用で培ったノウハウを活かしてお客様へご提案

マイクロソフトの強み

  • コストパフォーマンスに優れた豊富なソフトウェア製品郡
  • グローバルなセールス支援/サポート体制