Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

一歩進んだエコ対策

NECでは、省電力化を追求したCPUやメモリを搭載し、高効率電源を採用した、最新の省電力技術を駆使したサーバ製品を幅広くご提供しています。また、運用管理ソフトウェア製品は、仮想サーバの負荷のばらつきを監視して、適正負荷の範囲で少数の物理サーバに集約することで、余剰の物理サーバの電源をOFFにして省電力化を実現するなど、一歩進んだエコ対策をご支援します。

トップクラスの省エネ、省スペースを実現 『Express5800/ECOCENTER』

徹底した省電力を追求

80 PLUS(R) Goldのマーク

  • 高効率電源(AC電源)の採用
    変換効率が92%以上の80 PLUS(R) Gold対応の電源を採用
  • 省電力コンポーネントの採用
    CPU、メモリに最新の省電力コンポーネントを採用、省電力ディスクSSDの選択も可能
  • 冷却効率の最適化
    冷却効率(風量)の改善により、冷却用電力(ファン消費電力)を削減

大幅な省スペース化と軽量化を達成

同スペックの1Uラックサーバと比較して、設置スペースを50%削減し、重量も60%削減しています。これにより、2システムを1ラックに集約することも可能になり、コスト低減をもたらします。

Express5800/ECOCENTERなら大幅な省スペース化と軽量化を実現できます

水冷スリムサーバで、仮想化+静音化により、静かで快適なオフィス環境を実現

NEC独自のモジュール化された水冷式冷却システムを搭載し、低速回転ファンで静かな稼働を実現した水冷スリムサーバで仮想化環境を構築することにより、静かで快適なオフィス環境を実現できます。

水冷スリムサーバの音の大きさを表した図

サーバ仮想化環境における省電力化を実現 『WebSAM SigmaSystemCenter』

物理サーバが常に適正負荷の範囲となるように仮想サーバを最適に配置することで、物理サーバのリソースを有効活用します。稼働中の仮想サーバの負荷状況を検出し、可能な限り少数の物理サーバに適正負荷の範囲で業務を集約することで、余剰の物理サーバの電源をOFFにして省電力化を実現します。

SigmaSystemCenterでは物理サーバが常に適正負荷の範囲となるように仮想サーバを最適に配置することができます余剰の物理サーバをシャットダウンして、省電力化と稼働効率を両立