Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

仮想化お手軽導入セット

エントリサーバ×VMware vSphereで仮想化環境をスモールスタート!

仮想化お手軽導入セットとは

低価格エントリサーバExpress5800 + 安価なVMware vSphereライセンス

Express5800のエントリモデルと、エントリモデル専用のVMware vSphere Essentialsライセンスを組み合わせて安価に購入が可能なセットです。 VMware vSphereの仮想化環境をお手軽に始めることができますので、本製品で部門内でのサーバ統合、既存環境の延命、検証環境用途などにご利用ください。 また、本Essentialsライセンスは、Essentials PlusやAcceleration Kitへのアップグレードパスが提供されます。

Express5800は1wayサーバでもVMware対応

Express5800のエントリモデルの1wayサーバ(※)で VMware vSphereの認証を取得。仮想化お手軽導入セット専用VMware製品以外に、 通常のEssentials plusやStandard以上のライセンスを利用可能です。

(*)対象のExpress5800エントリモデル(1way)は下記ページをご参照ください。
VMware ESXi 動作対象機器一覧表

安価なエントリモデル専用のVMwareライセンス

Express5800エントリモデルを対象に、VMware vSphere Essentialsのライセンスを従来よりも 安価な価格設定(※)でご用意しました。

※当社従来製品比

VMware vSphereプリインストール出荷

VMware vSphere環境の導入性がさらに向上

VMware vSphereがインストールされた状態のサーバをご提供可能です。 プリインストールを選択すると、VMware vSphere環境の導入がさらに容易になります。

プリインストール出荷の注意事項

  • 一部対象外のサーバ・オプション品があります。対象のサーバについてはシステム構成ガイドをご参照ください。
  • プリインストール対象はホスト(HyperVisor)部分のみです。ゲストOSおよびアプリケーションについては別途インストール作業が必要です。
  • インストールメディアは添付されません。

Express5800エントリモデルとVMware vSphereを用いた活用例

分散・乱立しているサーバを統合

アプリケーションごと、部門ごとにサーバが分散・乱立しています。VMware vSphereを導入すると、サーバの台数を集約・最適化でき、ハードウェアリソースの有効活用を実現します。さらに、電力費や空調費、設置スペース費、保守費などさまざまなコストを低減できます。

複数の部門サーバを1台に統合 複数の部門サーバを1台に統合

既存アプリケーションの継続利用が可能

最新サーバ上で使い慣れた既存のアプリケーションを動かしたいというニーズが多くあります。VMware vSphereを導入すると、既存OSを仮想マシン上で動作させることにより、最新サーバで既存アプリケーションを運用し、継続して使い続けることができます。

既存システムを最新サーバで動作 既存システムを最新サーバで動作

多様な開発・評価環境を1台のサーバに集約

開発・評価の現場では、さまざまなOS環境が必要です。VMwarevSphereを導入すると、1台のサーバで同時に多数のOS環境を動作させることができ、各環境の運用・管理も一元的に行えるので、ハードウェアの調達コストや環境準備の手間等が大幅に低減できます。

複数のOSを1台のサーバで同時起動 複数のOSを1台のサーバで同時起動