ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

StarOffice Xシリーズ - 「ワークフロー」機能

ワークフロー業務を実現

StarOffice Xシリーズは、FlowLitesと連携してワークフロー機能をご提供いたします。
お客様自身でワークフロー業務を簡単に構築でき、かつ、ワークフローと一緒に流れる添付文書などの資産をStarOfficeの文書管理機能によりセキュアに管理することができます。

シングルサインオン連携・ポートレット提供

StarOfficeのポータルから申請書の起票や承認の進捗状況を確認できます。
StarOfficeポータルにログイン(ID・パスワード認証)し、専用の『申請ポートレット』から申請書類名をクリックするだけで、簡単に申請書を起票できます。また、同様に『状況参照ポートレット』から承認の状況を確認できます。

申請に必要な添付ファイルをStarOfficeのキャビネットから添付可能

StarOfficeの「Webキャビネット」画面で“フォルダ“、”ショートカット”、”オブジェクト(*4)”を書類の添付項目へセットできます。

  • **4:オブジェクトとは実ファイルのことです。

申請情報や添付文書をStarOfficeのキャビネットにて一元管理可能

申請書類のHTMLイメージ、及び添付文書をStarOfficeのキャビネットへ保管できます。

旧StarOfficeまたはStarOffice21の後継製品について

旧StarOffice、StarOffice21で提供していた、ワークフロー機能につきましては、StarOffice X シリーズで後継製品の提供はございません。
旧StarOfficeまたはStarOffice21のワークフロー保守契約ユーザ様でStarOffice Xシリーズへのバージョンアップをお考えの場合には、ワークフロー機能についてはFlowLitesの導入をお奨めしています。


ページの先頭へ戻る